MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

7/21 週刊メドレー 〜iOSDC、RubyKaigiで会いましょう〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・9月の2大(?)エンジニアイベントに協賛します

・オンライン診療に関する通知について、代表・豊田がコメント

・エンジニア・宍戸が感じる、新しい挑戦の難しさ・楽しさ

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

9月の2大(?)エンジニアイベントに協賛します

9/15-17に開催される今年で2回目を迎えるカンファレンス「iOSDC Japan 2017」、そして9/18-20に実施されるプログラミング言語Rubyの世界最大級のカンファレンス「RubyKaigi 2017」に協賛させていただくことになりました。

特に「RubyKaigi 2017」では会場にブースも設置されるため、来場される多くのエンジニア・デザイナーの方と交流できます。楽しみ!

イベントに向けて、開発本部と広報室で少しずつ準備を始めています。

今日はTシャツの試作品が届きましたよ!(中央はメドレーで一番Tシャツが似合う男・田中)。

f:id:medley_inc:20170721140052j:plain

それぞれイベントの申し込みはこちらから。皆様のお越しをお待ちしております!

rubykaigi.org

iosdc.jp

オンライン診療に関する通知について、代表・豊田がコメント

7/14(金)に厚生労働省が各都道府県知事あてに、オンライン診療に関する通知を出しました。医師の判断のもと、特に経過に問題ない場合はオンラインだけで完結する禁煙外来などが可能であることを明確化する内容でした。

これを受けた日経デジタルヘルスの記事に、代表取締役医師・豊田がコメントさせていただきました。

techon.nikkeibp.co.jp

もちろん今回の通知を受けても、特に保険診療において初診対面の原則は変わりませんし、オンライン診療の活用には適切な医師の判断が必要があるという前提も変わりません。オンライン診療が医療の質を損なうことのないよう、引き続き丁寧な普及に努めてまいります!

エンジニア・宍戸が感じる、新しい挑戦の難しさ・楽しさ

エンジニア・平木が連載する「聞いてみた」シリーズの第7回目は、サイバーエージェントに新卒入社して9年間さまざまな部署で活躍したのちメドレーに参加した宍戸が登場。

初めての技術が多いため新しい挑戦真っ最中の宍戸の目に、メドレーでの日々はどう写っているのか、平木が突撃インタビューしました。

技術や働く環境などの話で盛り上がったインタビュー、最後にはなぜかアニメの話になり…!?詳細はぜひ記事をご覧ください。

f:id:medley_inc:20170721152919j:plain

(「アニメは尊い」という言葉を噛み締めながらインタビューは終了)

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- ロキソプロフェンが配合された痛み止め、私も使ったことあります。

比較的ポピュラーなので、SNSでのシェアも広がりました。記事では「重い副作用があると注意する一方で、副作用を恐れて必要な薬まで避けてしまうことは行き過ぎかもしれない」と結びましたが、分かりづらいというご意見もあり反省しています。

- 0か100か言い切れないものを記事にするって難しいですね。

「こんなに危ない副作用があるから使うべきではない」と書くこともできますが、それは違いますよね。医療って自然ではない作用を与えることで体を変えていくものなので、狙った方向に効果が出ないこともあります。そのなかでも効果が大きくて副作用が少ないものが選ばれて薬として利用されていますが、ゼロリスクではないんですよね。

- とはいえ副作用があると言われると、薬を使い続けるべきか悩む人は多そうです。

そうですね。判断しづらい事象に対して、受け止め方を提案していくのがMEDLEYニュースの一つの役割だとも思っています。分かりづらいというご意見も真摯に受け止めながら、より多くの方の指標となるよう、医療の分かりづらい部分を分かりやすく解説できる記事づくりに挑戦していきたいと思います。

f:id:medley_inc:20170721164706j:plain

いよいよ梅雨明け宣言が出されたエリアも多かった今週。すっかり夏の日差しになっていますが、熱中症には気をつけて、今週も良い週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

7/14 週刊メドレー 〜真夏のような一週間〜

メドレー広報・阿部です。

今週の六本木は、なんとも夏らしい暑い日が続きました。まだ梅雨明けしていないなんて、信じられない……そんな暑い日を乗り切るために、デザイナーがメドレーオリジナルうちわをつくってくれました!

f:id:medley_inc:20170714143426j:plain

ロゴ面の裏側には「手洗いうがい、夏こそお忘れなく」と夏に向けたメドレーからのアドバイスも記載しています。イベント等でお配りいたしますので、お楽しみに^^

さて、この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・「母子健康手帳アプリ」使ってみてください!

・医療情報の未来について、医療ビックデータ・コンソーシアムで講演

・WebPushAPIを使ったプッシュ通知を学ぶ

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

母子健康手帳アプリ」使ってみてください!

NTTドコモが運営する「母子健康手帳アプリ」に、メドレーがコンテンツ提供を開始しましました。オンライン医療事典「MEDLEY」が持つコンテンツ作りに関するノウハウをもとに、社内医師やMEDLEY協力医師が新たに専用コンテンツを作成したものです。

毎日赤ちゃんの様子や注意すべき疾患に関する情報などが更新されます。私は友人の赤ちゃんの予定日を入れて毎日眺めてニヤニヤしています(笑)。ご家族でダウンロードすれば、お母さんが入力する情報や画像を共有し、成長を見守ることもできますよ。ぜひ使ってみてください^^

www.medley.jp

医療情報の未来について、医療ビックデータ・コンソーシアムで講演

7/12(水)、代表取締役医師・豊田が「医療ビッグデータ・コンソーシアム」でお話させていただきました。同コンソーシアムは、医療ビッグデータの構築と利活用について、政策提言なども行っている産官学連携組織です。豊田は部会のゲストスピーカーとして、医療の発展に向けた医療情報やオンライン診療の活用についてお話させていただきました。

f:id:medley_inc:20170714180849j:plain

講演後には「正しい医療情報がまとまっている場所がないことは長年課題に感じていた」など、メドレーのプロダクトに非常に共感する声をいただき、国全体で医療へのIT活用を支援する重要性などを改めて議論する機会ともなりました。

WebPushAPIを使ったプッシュ通知を学ぶ

今回のTechLunch(社内勉強会)は、WebPushAPIがテーマ。エンジニアの宮内が作ったサンプルコードを追いながら、最近よくPCのブラウザ上で見るプッシュ通知の導入方法について学びました。

info.medley.jp

メドレーではTechLunchで扱った内容はもちろん、エンジニアの開発体制についての情報を定期的に発信しています。もっとこの話を聞きたいという方は、お気軽にこのあたりの「話を聞きに行きたい」ボタンからご連絡くださいませ!

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 過去に何度もワクチンを打ちましたが、本当に効いてるのか実感しづらいですよね。

学生時代「予防する薬は継続しづらい」という話を指導医から聞きました。発症していない病気にアプローチするものなので、すぐに効果を実感しづらいからです。ワクチンも似ていて、効かないときには分かりますが効いたときは分かりづらい。だから怖さが先に立ち、「なんとなく怖いから、なんとなく打たない」という方もいるかもしれません。

- 効くということがわかっていても、副作用が怖いと言う人もいそうです。

そうですよね。今回取り上げた意見文では、「怖い」と思っている人にどう寄り添いコミュニケーションを取るべきか考えています。証拠やデータを突きつけて説得しようとするのではなくてまずはお互いに人間関係を築いて、同じ視線で話し合おうということですね。

- まとめの部分に、医師への質問の仕方まで書いてあるのは嬉しいです。

医師に質問して方針を決める、というと当たり前に聞こえますが、混んでいる病院で、医師も忙しそうだったりするなか、質問するのをためらう人もいらっしゃると思います。一見当たり前のようだけど役に立つ、そんな情報を出していきたいと思い、まとめの部分は作っています。

f:id:medley_inc:20170714182946p:plain

あれ?大脇が立つ背景がいつもと違う?

そうなんです!

メドレーは、人員拡大に伴いオフィスを増床しました!

ビルは変わらず、これまで7階部分だけだったオフィスが、8階まで広がりました。

まだまだたくさん人が入れますよ〜!

f:id:medley_inc:20170714182848j:plain

(スペースの先でポーズをとる代表・豊田)

ぜひお近くにお立ち寄りの際は、遊びにいらしてくださいね。7/20には、社員とのランチイベントも開催予定です!

www.wantedly.com

それではみなさま、今週も良い週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

WebPushAPIを用いたブラウザでのプッシュ通知開発 〜メドレーTechLunch〜

開発本部の宮内です。

先日、社内勉強会「TechLunch」にてWebPushAPIについての発表を行いましたので、その紹介をさせていただきたいと思います。

WebPushAPIとは?

一般的にプロダクトにおいて、スマートフォンアプリのような「プッシュ通知」を導入しようと思った場合、いままでは専用のアプリケーションを開発する必要がありました。

しかし、プッシュ通知に関するAPIW3Cで標準化が進み(まだドラフト状態とはいえ)、Google Chromeのバージョン42、Mozilla Firefoxのバージョン44に、WebPushAPIが導入され、元来あるWebアプリケーションに簡単にプッシュ通知を取り込むことが可能になりました。
詳しくは ウェブアプリへのプッシュ通知の追加 Using the Push APIや、WEB+DB PRESS Vol.97 などを読むとより理解が深まるので興味ある方はぜひ読んでみてください。

TechLunchでやったこと

TechLunchでは、自分が実際に実装したWebPushAPIのサンプルコードを元に、動作を示しながら挙動を開発本部の全員で追っていきました。

speakerdeck.com

具体的な手順などもスライドにありますが、公開したものだけだとちょっと分かりにくいかもですね。ごめんなさい。

もっと詳しく聞きたいなって人がいたら、気軽にここらへんにある「話を聞きに行きたい」ボタンを押下してみてください。

お知らせ

メドレーでは、医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」、オンライン診療アプリ「CLINICS」、医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」、口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」などのプロダクトを提供しています。これらのサービスの拡大を受けて、その成長を支えるエンジニア・デザイナーを募集しています。

メドレーで一緒に医療体験を変えるプロダクト作りに関わりたい方のご連絡お待ちしております。

www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.medley.jp

7/7 週刊メドレー 〜「何でも屋」小川の奇妙な!?入社理由〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・「何でも屋」をあえて選ぶ小川が、メドレーに入社した理由

・ABEJAのCROとメドレーCTOが語る、製造・医療×テクノロジーの未来

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

「何でも屋」をあえて選ぶ小川が、メドレーに入社した理由

経営戦略実行室→コーポレート本部長→管理部長を経て、現在はライター・エディターを統括するクリエーショングループのグループマネジャーを務める小川。コーポレート本部時代は私の上長でもあった小川が、ユーモア&ネタ&熱い思いあふれる文章で、自身の入社理由を綴ってくれました!

www.wantedly.com

アクセンチュアとグリーを経て、

ありのまま当時起こったことを話すと、
送別会に参加していたと思ったら、いつのまにか歓迎会に変わっていた。
何を言っているのか分からないと思いますが、これが、私がメドレーに入社した経緯と理由です。

という「??」な小川の奇妙な入社理由、ぜひご覧ください!

f:id:medley_inc:20170707182343j:plain

ABEJAのCROとメドレーCTOが語る、製造・医療×テクノロジーの未来

7/5(水)、AIやデータ分析など最新テクノロジーで製造・小売などのリアル産業の変革を支援するABEJAさんと、トークイベントを実施しました!

medley.connpass.com

医療も製造も、テクノロジーによる変革がまだ起きていない分、これからの可能性が大きい分野です。一方で現場の人がテクノロジーに壁を感じていることも多く、新しい仕組みの導入には課題もあります。

そうした苦労ややりがいについて、ABEJA創業者でCRO(最高研究責任者)の緒方さんと、弊社の取締役CTO・平山がディスカッションしました。

f:id:medley_inc:20170707190021j:plain

お題は大きく4つ。

  • リアル産業にテクノロジーを導入した当初、難しかった点
  • 特徴的な開発体制・データ分析手法
  • リアル産業にテクノロジーで切り込む面白さ
  • 成熟産業×テクノロジーの今後の可能性

「”テクノプレナー”を目指せとエンジニアには言っている」というABEJA独自の考え方や、テクノロジーがもたらす業界の未来像など、大いに盛り上がった1時間(&懇親会)でした。

当日の様子は後日レポートいたしますので、お楽しみに!

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 周囲がうつについて情報不足なことが偏見を生むんでしょうか。

うつに関する情報は世の中に溢れていますが、情報をどう整理するかも大切だと思います。「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われますが例外もありますし、文脈によってどの情報に重みがあるかは異なります。情報を解釈するモデルを提案するのも、二次情報メディアとしての役割だと思っています。

- 研修医の28.8%にうつ症状が見られたという報告にもびっくりです。

解説で触れた2015年の報告ですね。医師には自分の体も心も大事にしてほしいですが、そうはいっても現実は厳しいのかもしれません。この記事を「抗うつ薬を飲んで頑張っています」とシェアしてくれた人もいました。このようにうつであることを普通に伝え、みんなが支え合える社会を目指したいですよね。

- 前回紹介したHIVの記事に続き、患者さんと周囲との関わり方は、大脇さんが重視しているテーマなんですね。

患者さんにとって、周囲の人たちの支援は不可欠です。患者さんと周りの人をつなぎ、みんなが仲間として病気と関わっていける世の中をどう作るかに、これからも気を配りながらニュースを発信していきたいと思います。

f:id:medley_inc:20170707175905j:plain

 

それではみなさま、今週も良い週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

6/30 週刊メドレー 〜2017年も半分が終了!〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・瀧口が創業から今までを振り返り、未来を語る

・エンジニアの憧れ・及川さんとCTO平山の対談が実現!

・日経デジタルヘルスがオンライン診療を大特集

・ジョブメドレーで学ぶReact.js

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

瀧口が創業から今までを振り返り、未来を語る

THE21onlineに代表取締役社長・瀧口のインタビューを掲載いただきました!起業時から今までの変遷や、メドレーのこれからについてお話させていただきました。

shuchi.php.co.jp

プロダクトが成長するなかで採用も加速させている弊社ですが、「『この仲間たちとならなんでも乗り越え、ゴールにたどりつけるはず』、そう思えるメンバーが重要だ」と人材への想いも語っています。

瀧口の想いに共感したり、もっとお話を聞いてみたいという方!メドレーはさまざまな職種で、ともに働いてくれる仲間を探しております。ぜひ一度ご連絡ください。

www.wantedly.com

エンジニアの憧れ・及川さんとCTO平山の対談が実現!

MicrosoftGoogleChrome開発におけるマネージャー職などを経験してきた及川卓也さん。近年は、プロダクトマネジャー(PM)が育つ土壌づくりを推し進めていらっしゃいます。そんな及川さんと、弊社のCTO・平山の対談が実現!

type.jp

弊社でも取り入れているPM制度の紹介はもちろん、平山自身がプロダクト開発を行ううえで大切にしている思想やツールの活用法、エンジニアの将来まで、幅広い内容で盛り上がりました。

日経デジタルヘルスがオンライン診療を大特集

国による推進の動きを受け、オンライン診療が一段と全国に普及しつつあります。そんな現場の様子を詳細に取材し、10ページにわたりまとめた特集記事が日経デジタルヘルスから配信されました。

techon.nikkeibp.co.jp

弊社からは、執行役員・プロダクト統括医師の島からオンライン診療アプリ「CLINICS」の最新動向についてお話させていただきました。その他、CLINICSを導入いただいている新六本木クリニック様、浅草ハートクリニック様での事例も紹介されています。もっと様々なオンライン診療の事例を知りたい方は、CLINICSのホームページをご覧ください^^

clinics.medley.life

ジョブメドレーで学ぶReact.js

定期的に開催しているTechLunch(社内技術勉強会)の様子をブログで紹介しました。今回のテーマは「React.js」。Facebook社が開発しているライブラリとして紹介されることも多い、比較的新しい技術です。

「5歳の子供と遊ぶのが大好き」というエンジニアの楊が、医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」におけるReact.jsの利用について紹介しています。

info.medley.jp

メドレーでは社内勉強会だけでなく、外部に向けた情報発信の機会も定期的に設けています。7/5(水)は、データ分析・AIの技術でリアル産業にイノベーションを起こすABEJAさんと合同勉強会を開催します。エンジニア・デザイナーの方に限らず、リアル産業をテクノロジーの力で変革する裏側に興味がある方は、ぜひお越しください!

medley.connpass.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- HIVが原因で部屋から追い出されるなんて……

HIVへの誤解はだいぶ少なくなってきていますが、感染経路などについて正しい知識をもたないまま、闇雲に恐れている人もまだ多いようです。これはイギリスの話ですが、日本でも同じような事態が起こらないとは限りません。 

- HIVに感染していることを知りながらパートナーに知らせないと犯罪になる、というニュースもありましたね。

難しい点ですが、HIVだけでなく感染症は人と人との関わりを変えてしまう繊細な問題を抱えています。社会としても個人としても、正しい知識を持ったうえでどう行動していくかを考えないといけません。

- ただ怖がるだけでもいけませんね。

とはいえ、人の気持ちってなかなかコントロールできません。大丈夫だと知識としては理解しながらも、過剰に心配してしまうこともあります。MEDLEYニュースとして、正しい知識をもとに患者さんとその周りの人が互いに付き合い方を考えるきっかけを作り、みんなが一緒に暮らしていくための役に立ちたいと気持ちを新たにした内容でした。

f:id:medley_inc:20170630174123j:plain

メドレーは毎月最終営業日に、1ヶ月の事業を振り返る納会を実施しています。

本日の納会は、ちょうど入社1年のCLINICSマーケティング統括責任者・田中が挨拶。

f:id:medley_inc:20170630190137j:plain

今週末にはベストボディ・ジャパンという身体のかっこよさを競う大会が控えているということで、仕上がった身体を披露しながら

「筋トレってやり方は検索すれば出てくるし、誰にでもできることなんです。でも誰にでもできる凡事を非凡な水準で極めることが身体を作る。まさに『凡事徹底』は大事だなって」

と、弊社のバリューでもある「凡事徹底」を挙げながら乾杯してくれました。

※田中についてもっと詳しく知りたい方はこち

www.wantedly.com

f:id:medley_inc:20170630191409j:plain

2017年を振り返りながら美味しいお酒を飲みたいと思います^^

それではみなさま、今週も良い週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

React.js入門について発表しました

開発本部の楊です。医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」の開発を担当しております。うるさい5歳のこどもと一緒に遊ぶのが大好きです。

ジョブメドレーの求人機関向け管理画面はReact.jsを利用し開発しています。
他プロダクトを担当するメンバのなかにはReact.jsについて詳しくない人もいる為、TechLunch(開発本部内で定期的に開催している社内技術勉強会)でReact.js入門について話しました。

React.jsとは

などなど、様々な特徴があります。

TechLunchでの発表内容

React.jsはUIを構築するためのライブラリなのでデータフローを管理する仕組みは提供していません。
開発の際にはデータフロー管理のために、Flux/Immutable.jsなどの考え方や技術要素を必要とします。
今回のTechLunchの発表ではFlux/Immutable.jsについても簡単に触れつつ発表しました。

目次はこちら。

  • React.js
  • Flux
  • Immutable.js

詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

  • 全てはComponent、シンプルに保つことを意識する
  • 小さくComponentを作り、組み立てることによりUIを構築する
  • Fluxと併用しデータフローを意識する
  • Immutable.js 便利

最後に

React.jsは比較的新しい技術で、仮想DOMの使用によりブラウザのレンダリングが早いなどの利点が多々あります。
必要に応じて新しめの技術も取り入れながら、ジョブメドレーをよりよいプロダクトにしていきたいと思っています。

お知らせ

メドレーでは、ジョブメドレーだけでなく、医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」やオンライン診療アプリ「CLINICS」、口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」などのプロダクトも提供しています。これらのサービスの拡大を受けて、その成長を支えるエンジニア・デザイナーを募集しています。

今後ともメドレーを、よろしくお願いいたします! www.wantedly.com www.wantedly.com www.medley.jp

6/23 週刊メドレー 〜オンライン診療×自動運転のエンジニアイベントを開催〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・SBドライブさんとオンライン診療×自動運転の未来を語る!

・元MR・石川がオンライン診療の未来に賭けた理由

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

SBドライブさんとオンライン診療×自動運転の未来を語る!

6/21(水)に、ソフトバンクグループのSBドライブさんと、エンジニアイベントを共催しました!

SBドライブさんは、自動運転技術で交通業界に切り込むソフトバンクグループ内の社内ベンチャーです。メドレーが医療ヘルスケア業界を変革するのと同様、規制の多い業界をテクノロジーの力で変えていく点が共通しています。そんな業界ならではの開発面での苦労や工夫を、両社のCTOがビールを片手に、ざっくばらんにお話しました。

f:id:medley_inc:20170623175958j:plain

(上:SBドライブCTOの須山さん)

須山さんが「エンジニアも、とにかくガイドラインを読み込んでいる」と言えば、メドレー取締役CTO・平山も「うちも、エンジニアが診療報酬のルールを読み込んでいたりする」と返すなど、業界あるあるでトークは盛り上がりました。

f:id:medley_inc:20170623174428j:plain

(上:メドレー取締役CTOの平山)

平山が「国の規制や慣習が多い業界ですが、医師が『こうしてほしい』ということに従って開発するのではなく、本質的に課題を解決するためのプロダクトデザインを、エンジニアの視点から提案しています。そうして医師とエンジニアが互いに議論しながらプロダクトを作り、大きな社会課題を解決していくことは醍醐味」と語るなど、両社ともに大きな社会課題にエンジニアリングでアプローチするやりがいについて最後は熱く語り合いながらイベントは終了しました。

f:id:medley_inc:20170623182524j:plain

(上:最後は懇親会でわいわい)

メドレーでは、テクノロジーで医療を変えていく面白さを多くの方に知っていただくため、定期的にエンジニア向けイベントを開催しています。

次回は7/5(水)、ビッグデータ分析や人工知能の活用により、さまざまな業界の効率化・自動化を支援するABEJAさんと「データ分析」による業界の未来をテーマにしたイベントを開催します。ぜひご参加ください!

medley.connpass.com

ちなみにこの日、できたてホヤホヤのオリジナルステッカー&クリアファイルも配ってきました。今後、さまざまなイベントの場で配布してまいりますので、ぜひゲットしてください!

f:id:medley_inc:20170623180401j:plain

 

元MR・石川がオンライン診療の未来に賭けた理由

Wantedlyの人気連載「私がメドレーに入社した理由」が、いよいよ25回目を迎えました!25回目に登場してくれたのは、CLINICSのカスタマーサクセスグループのエース、石川。

「命に関わる仕事がしたい」と広告会社の内定を辞退し、就職留年してMRの道を選んだ石川。MRとして活躍するなか、メドレーのオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」の存在を知り、問い合わせ窓口から「是非とも会って話を聞かせて欲しい」と連絡したそうです。そんな石川が実際に働きながら感じる、オンライン診療の未来とは…?

www.wantedly.com

笑顔で働いている姿が撮影したくてミーティングにお邪魔したものの、みんな真面目に議論しすぎて全然笑顔の写真が撮れない……というハプニング(?)もありました(笑)。

f:id:medley_inc:20170623181059j:plain

(上:真面目に議論していてなかなか笑顔が撮れない)

(下:笑顔でお願いします!というと笑いすぎてブレブレに……)

f:id:medley_inc:20170623181209j:plain

こんな私たちと一緒にオンライン診療の未来をつくる仲間、絶賛募集中です!

www.wantedly.com

 

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 美味しそうな記事ですね!

人の行動を変えるにはどういう情報発信が望ましいのか、本質的なところを考えさせられる内容でした。健康情報って「これをやると長生きできる」などをアピールしがちですが、それよりも「美味しそう」のほうが興味が勝るんですよね。

- 体にいいから食べましょうと言われても、なかなか食指が動かないこともありますもんね。

これは食だけでなく、医療情報全般に言えるのかもしれません。MEDLEYニュースも、正しいことを分かりやすく書くだけでなく、人が知りたいと思う気持ちに沿う必要がありますね。

- 「バターたっぷりローストスイートコーン」とか見てると、お腹がすいてきました…

こぼれ話ですが、引用したところの翻訳はとても楽しかったです(笑)。美味しそうな英語の表現をどう日本のメニューっぽく訳すのか、工夫を凝らすことができたので。でも医療ではなく食に関する翻訳なので、不慣れな部分もありました。もっとこういう訳し方が良いというご指摘は、大歓迎です!

f:id:medley_inc:20170623181822j:plain

いよいよ6月も最終週!あっという間に1年が半分過ぎてしまいました。この半年を振り返りつつ、残りの半年は何をしようか、週末に考えてみたいと思います。それではみなさま、今週も良い週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!