MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

10/13 週刊メドレー 〜CTO・平山による、医療保障制度の社内勉強会を開催!

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • CTO・平山が教える、エンジニア・デザイナーのための医療保障制度
  • ジョブメドレーの開発舞台裏を聞いてみた
  • 本日20時から、TBSラジオFROGMANさんと対談!
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

CTO・平山が教える、エンジニア・デザイナーのための医療保障制度

開発本部の勉強会「TechLunch」では、毎回技術に関連する話をしているのですが、医療に携わるエンジニア・デザイナーとしてもっと関連知識を増やすべきだと、今回から医療をテーマにした勉強会を実施。

第1回は「医療保障制度」について。もちろんメドレーには医師や元厚生労働省の医系技官など医療に詳しいものは多いのですが、今回はCTO・平山が自ら、これまでプロダクト開発のために学んだことをレクチャーするという回でした。

噂が噂を呼び(!?)社内の他の部署からも続々と「参加したい」という声が上がり、急遽、部署横断の勉強会に。会社の端っこに簡易セミナーエリアを作り、希望者40人ほどが集まって医療保障の基礎を勉強しました。

f:id:medley_inc:20171013165756j:plain

業務上、普段は深い医療制度に関わらない社員まで広く参加して、色々な質問を投げかけていました。今後もTechLunch医療シリーズは続きます(次回は医療政策について)!

ジョブメドレーの開発舞台裏を聞いてみた

 エンジニア・平木が社内の気になる人に話を聞きに行く「聞いてみた」シリーズ。最新回は、最近相次いで新機能のリリースやリニューアルを実施したジョブメドレーにフォーカスし、開発を支えたエンジニア・デザイナーにインタビューしました。

www.wantedly.com

求職者が使うマイページのリニューアルを手がけたデザイナー・小山は、本件が入社後初のプロジェクトだったそうです。メドレーの中で一番歴史があるプロダクトのリニューアルではありましたが、必要なことは遠慮なく変更の提案ができる雰囲気があったとか。実はその雰囲気には、理由があるんです。

そんなジョブメドレーの開発現場がわかるインタビュー、ぜひご覧ください!

本日20時から、TBSラジオFROGMANさんと対談!

本日20時から、TBSラジオTHE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族」に代表・豊田が出演します!

オンライン診療などを例に、ITやAIが医療をどう変えていくのか等をお話する予定です。金曜夜は外にお出かけしている方も多いと思うのですが、radiko.jpなどのスマホアプリで後日聞くことも可能ですので、聞いてみてくださいね^^

この番組、アニメ「秘密結社 鷹の爪」のクリエイターFROGMANさんがDJを務めているのですが、実は豊田、鷹の爪の大ファンなんです(笑)。その作者とお会いして、ワクワクお話ししている豊田の様子(声だけですが)も必聴!?

www.tbsradio.jp

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説 

- コーヒー好きには嬉しい話です。

コーヒーに関しては賛否両論の論文がたくさんありますが、今回はコーヒーに限らず、カフェイン全体の話です。
カフェインを摂取する方が死亡率が低かったという内容ですが、実は解析をよく読み込むと、違う一面も見えてきます。

- えっ、どういう面ですか?

記事の後半にも書きましたが、ちょっとした条件を変えることで結果は少しずつ変わっています。
死亡率が低かったり、変わらなかったりという結果です。寿命を縮めることはなさそうだけれど、寿命を延ばす効果があるかないかと言われるとちょっと困るようなモヤっとした印象を受けました。

- ちょっとがっかりです…。

これは私自身の意見ですが、食べ物と健康の関係がいくら話題になっていても、短期的に実感できるほど強い影響はあまりないので、気にしないで好きなものを食べればいいのかなあと(笑)。もちろん診断に基づいた食事療法は別として。

f:id:medley_inc:20171013165206j:plain

東京は、本日からぐっと冷え込み、秋雨が続くようです。食欲の秋、読書の秋…いろいろな楽しみ方があると思いますが、よい秋の週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

10/6 週刊メドレー 〜メドレー流、slack術!?〜

メドレー広報・阿部です。

今日は、韓国の某キー局の方がメドレーの取材に来てくれました!韓国語と日本語が飛び交う撮影風景に、社内はワクワク。番組の内容はまだお伝えできませんが(といっても観れる方は少ないかもしれませんが…)、韓国テレビデビュー、楽しみです! 

さて、この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • 根来が語る「入社理由」で、slackが沸いた!
  • スーパバイザでデーモンと仲良くなる!runitの導入方法教えます
  • iコンシェルでCLINICSが紹介されました
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

根来が語る「入社理由」で、slackが沸いた!

「私がメドレーに入社した理由」最新回は、オンライン診療アプリ「CLINICS」のカスタマーサクセスグループの根来(ねごろ)。オンライン診療を導入する医療機関に、準備から運用開始まではもちろん、始まってからの円滑な診療実施までをサポートしています。

もともとキーエンスリクルートという大企業を2社を経験したのち、メドレーを選んだ根来。その背景には、医療へのある思いがありました。

www.wantedly.com

弊社は社内のコミュニケーションツールとして「slack」というチャットサービスを利用しており、新しいコンテンツがオープンしたり、記事が掲載されたりすると、「社員ALL」のグループに投稿して全社員にシェアする文化があります。

slackでは、その投稿に対するリアクションをスタンプで示せるのですが、

根来が本コンテンツを投稿したところ、

f:id:medley_inc:20171006124822p:plain

なぜか「承認」スタンプが大量に押される結果に(笑)。

 

slackではリアクション用のスタンプを自分たちで作ることが出来るため、メドレー社内ではオリジナルスタンプが大量に作られています。そのため、上記リアクションの中には社外のslackユーザーにとって「なんだろう、これ……」というスタンプもたくさん混じっています。

そんな社内のslackの使い方を知りたい方、気になるスタンプの由来を聞きたい方は、メドレーに遊びに来てください(→「話を聞きたい」ボタンからどうぞ)♪

 

スーパバイザでデーモンと仲良くなる!runitの導入方法教えます

メドレーの開発本部が定期的に開催している社内勉強会「TechLunch」。最新回は、エンジニア・中谷が使っている「手放せないツール」runitの使い方についてです。

developer.medley.jp

はてブのコメントでも「便利そう!今度使ってみたい」というコメントをいただくなど、社内外のエンジニアにすぐ役に立ちそうな様子。

未導入の方、ぜひご覧ください^^

iコンシェルでCLINICSが紹介されました

NTTドコモさんが提供する「iコンシェル」の中の情報ニュースで、オンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」が紹介されました!

「医療はこんなにも身近に!進歩する医療テック」という特集の中で、予約も診療もスマホでできるアプリとして紹介いただいています。

有料サービスなので、ご覧になれる方は限られますが、会員の方はぜひチェックしてみてくださいね!

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

 減量手術から12年、体重・糖尿病・高血圧はどうなった? - MEDLEYニュース

大脇編集長の解説 

- 凄い手術ですね!日本でも希望する方は多そうな気がします。
まずは医師に相談いただきたいです。
今回は平均130kgの患者に対する調査ですが、ここまで肥満の方は日本ではアメリカほど多くはありません。むしろ医学的には健康な範囲でも「もっと痩せたい」という人も多く、そうした方にも気軽にできる手術かというと、そうではないからです。

- アメリカのダイエット動向をそのまま聞いてしまうのは違うんですね。
断片的に情報を聞きかじると、 正しくない理解になってしまう可能性はありますね。
その前提や結果について正しく伝えるニュースとなるよう、私も気をつけて書いています。

- とはいえ、本当に肥満で悩む方には朗報ですね。

そうですね。こうした明確な結果が出たことで、多くの患者が安心して治療を選ぶことができます。
生活習慣を整えましょうというのは簡単ですが、それができずに悩んでいる人も多いはずです。そうした方に向けた具体的なヒントとなる情報を、MEDLEYニュースで積極的に伝えていきたいですね。

f:id:medley_inc:20171006131300j:plain

東京は、水曜の夜からぐっと冷え込みました!今週末の3連休、過ごしやすい温度になりそうですが、涼しさで体調を壊さないように気をつけて、よい週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

9/29 週刊メドレー 〜MEDLEYがドキュメンタリーに登場!〜

メドレー広報・阿部です。

本日は月末の最終営業日ということで、メドレーでは月末恒例の納会を実施中です♪

f:id:medley_inc:20170929185007j:plain

さて、この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • MEDLEYがドキュメンタリー「がんとネット」に登場!
  • iOSDC Japan、RubyKaigiが無事終了
  • 日刊ゲンダイに、代表・豊田のインタビューが掲載されました
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

MEDLEYがドキュメンタリー「がんとネット」に登場!

関西の毎日放送が定期的に放送している深夜ドキュメンタリー「映像 '17」に、オンライン医療事典「MEDLEY」が登場しました。特集テーマは「がんとネット」。ネットに飛び交う怪しい医療情報に悩まされる患者さんの実態や、その状況を変えるべく動く医師たちの活動を特集したものです。

このなかで、正しい医療情報を発信している例として、オンライン医療事典「MEDLEY」と、その製作風景が紹介されました。

f:id:medley_inc:20170929183322j:plain
テレビ画面に自社サービスが映るとやっぱり嬉しい……!

f:id:medley_inc:20170929172411j:plain

MEDLEYの医療情報を執筆する医師・園田の声も

正しい医療情報を発信し続ける動きは地道ではありますが、こうした報道を通じて、少しずつMEDLEYが提供する正しい医療情報が多くの人に届いていけばと思っています。

iOSDC Japan、RubyKaigiが無事終了

メドレーが協賛したエンジニア向けイベント「iOSDC Japan 2017」、「RubyKaigi 2017」のイベントレポートを公開しました。

9/15〜17に開催されたiOSDC Japanは、国内最大級のiOSイベント。3日間にわたり、4会場でさまざまなセッションが行われるのですが、なんとそれをビールを飲みながら聞けちゃう!という、ちょっと羨ましい環境です。

そしてスポンサー紹介動画では、あの声優さんがメドレーの名前を読み上げてくれました……!当日参加していたエンジニアはもちろん、あとでyoutubeを見た社員も歓喜

developer.medley.jp

iOSDC Japanと入れ替わるように、広島でRubyKaigiが開始。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dev-medley/20170922/20170922120050.jpg

原爆ドームからほど近い広島国際会議場に800人ものエンジニアが集まり、さまざまなセッションを聞いたり交流したりの3日間を過ごしました。

メドレーは今回メインスポンサーとしてブースを出展。初めてのRubyKaigiへのブース出展にあたり、どんなことを準備してどんな感じで3日間を過ごしたのか、レポートに記録しておきました。

来年出展してみようかな?という企業の皆様にも役立つブログになっていますので、ご覧ください^^

developer.medley.jp

日刊ゲンダイに、代表・豊田のインタビューが掲載されました

日刊ゲンダイ」に、代表取締役医師・豊田のインタビュー記事が掲載されました!

hc.nikkan-gendai.com

先週の女性セブンに引き続き、週刊誌や夕刊紙といった大衆向けの媒体から「オンライン診療」について知りたいとお声がけいただいております。CLINICSのリリースから1年半で、多くの方々に知ってもらい、使ってもらえる存在となってきたことを、こんなところでも実感しています!

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説 

- 健康によい食品でも、こんな副作用があるんですね。

健康食品というと、摂取すればするほど良いというイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、一歩間違うと害になってしまうものもあります。そうした分かりやすい例として、多くの方にシェアされたようです。

- 毎日飲むことで安心感を得ている人もいそうです。

もちろん害がなければ、安心のために飲むことも良いと思います。ただ、ホルモンというのは複雑なバランスで出来ています。例えば「赤信号だけ大きさを2倍にしたら事故が減るか」といえば、そうじゃないですよね。

- 逆に混乱して事故が増えそうです(笑)。

ちょっとこの例えが適切なのかわかりませんが(笑)、ホルモンというのは複雑なバランスがあって、適当量であることが重要だということを知ってもらえたら嬉しいです。 

f:id:medley_inc:20170929184619j:plain

いよいよ9月も終わり、10月に突入!

週末は運動会などのイベントがある方も多いのではないでしょうか?涼しい夜のせいで風邪をひかないよう気をつけて、皆様よい週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

9/22 週刊メドレー 〜日本医師会会長と代表・豊田の対談が実現〜

メドレー広報・阿部です。今週は、9/16-17にiOSDC Japan、9/18-20にRubyKaigiのスポンサーを務めさせていただきました。RubyKaigiではブースを出展させていただいたほか、最終日にはCTO平山がメドレーのプロダクトについて紹介する機会もいただきました^^

f:id:medley_inc:20170922152724j:plain

参加したエンジニアが後日、詳細レポートをアップ予定ですので、お楽しみに!さて、この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • 日本医師会・横倉会長と豊田の対談が実現しました
  • エンジニア・宮内が書く、PaaSを移行した話
  • 女性セブンでオンライン診療が特集されました
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

日本医師会・横倉会長と豊田の対談が実現しました

代表取締役医師の豊田が聞き手となり、全国の様々な院長先生などにお話を聞きに行く日経メディカルonlineの連載「豊田剛一郎の『明日の医療の話を聞こう』」で、日本医師会の横倉義武先生との対談が公開されました。

f:id:medley_inc:20170922162759p:plain

対談後の2ショット

実は豊田、日本医師会の会長というとどんな怖い方なのと、お会いする前はビビッていたそうです……。実際にお会いしてみると、後輩に優しく、医療の未来を広く見据えていらっしゃるとても素敵な方だったそうで、楽しそうに対談から帰ってきていました(笑)。

対談では、昭和から今までの医療の変遷を振り返りながら、今後の医師と患者の関係性などについて様々な議論をさせていただいています。

全文読むには会員登録が必要ですが、ぜひご覧ください!

◆記事はこちら

働き方改革には医師・患者関係の再考も必要
日本医師会会長 横倉義武氏×豊田剛一郎
 

エンジニア・宮内が書く、PaaSを移行した話

Medley Developer Blogでは、開発本部のエンジニア・宮内が、オンライン診療アプリ「CLINICS」のPaaSを移行した話について書いています。

実際の移行手順はもちろん、Private PaaSにしなかったの?なぜAWS Elastic Beanstalkにしたの?といった背景についてもお伝えします。

developer.medley.jp

そういえば、開発本部では先週末、(チームビルディング研修という名の)BBQを開催したそうです。f:id:medley_inc:20170922170148j:plain

チームビルディングなので火おこしからチームで頑張りました

f:id:medley_inc:20170922170137j:plain

場所がフォトジェニックすぎる件

f:id:medley_inc:20170922183350j:plain

プールではしゃぎながら集合写真

こんな開発本部の話を聞いてみたいという方、まだまだメンバー募集中ですのでぜひご連絡ください。

www.medley.jp

女性セブンで、オンライン診療が紹介されました

雑誌「女性セブン」にて、オンライン診療特集の記事が掲載されました。5ページにわたり、丁寧にオンライン診療の現状や具体的な手順を紹介いただきました。

www.news-postseven.com

実際にCLINICSを利用してセカンドオピニオン外来をしている岩井整形外科内科病院さんの事例も!

www.news-postseven.com

こうして徐々に一般の方に広まりつつあるCLINICSですが、おかげさまでお問い合わせも多数いただいており、普及させていくための仲間が、まだまだ足りません…!

9/27(水)に、CLINICSの学生インターン向けの説明会も開催予定です。

オンライン診療の可能性に興味がある学生さん、ぜひぜひご応募ください♪

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 医師をはじめ、多くの方にシェアされたようですね。

HPVワクチンの効果自体は様々な場で論じられており、受賞自体はあっと驚くようなことではないと思います。しかしHPVワクチンへの注目度が高いことからシェアが広がったようです。

- ワクチンの副作用についての報道もよくみます。

副作用がとりあげられること自体は良いのですが、あまりにバランスが悪くなり続けると、意見の対立や不安を煽るだけになってしまいます。
なので今回のニュースは副作用については触れず、あくまで受賞に関するニュースに止めました。

- 不安な報道があると、いくら良いものと思っても選択に迷ってしまいます。

そうですね、メリットもデメリットも理解しながら、その中間で迷っている人はたくさんいるでしょう。では必要な情報を十分に与えれば患者さんが合理的に判断できるかというと、そうとも限らないと思います。それらの情報に重み付けをして整理するための、手助けも必要です。こうした受賞情報は、理屈ではわかっていても「なんとなく怖い」といった気持ちにアプローチできるのではと思っています。

f:id:medley_inc:20170922114231j:plain

東京はすっかり秋らしい気候になりました。絶好の行楽シーズンとなりそうなこの土日、よい週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

9/15 週刊メドレー 〜RubyKaigi2017でお待ちしています!〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • iOSDC Japan、RubyKaigiが始まります!
  • フランスで日仏交流コーディネーターをしていた西尾がメドレーに入社した理由
  • 黄金比はなぜ美しいのか?デザイナー小山のTechLunch
  • 170人超に向け、オンライン診療の現場を語る
  • 広報室・川田が日経デジタルヘルスデビュー

iOSDC Japan、RubyKaigiが始まります!

メドレーがスポンサーを務めるエンジニア向けイベント「iOSDC Japan」が本日より9/17(日)まで開催中です!9/18(月)〜9/20(水)には「RubyKaigi」が開催予定。今週末から来週にかけて、イベントに参加されるエンジニアの方も多いのではないでしょうか?

RubyKaigiでは、メインスポンサーとしてブースも出展します。ブースにお越しいただいた方には、できたてほやほやの絆創膏などのノベルティもお渡しします!

f:id:medley_inc:20170915162346j:plain

 RubyKaigiでメドレーエンジニアとまったりじっくり話したいという方は、こちらに「応募する」でご一報を。もみじ饅頭やお好み焼きを食べながら、メドレーエンジニアとお話ししましょう!CTOの平山のほか、平木新居宍戸が参加予定ですよー!

www.wantedly.com

ちなみに開発本部では、中途だけではなく新卒も募集中です!学生さんもぜひ、ブースにお立ち寄りください。

www.wantedly.com

このイベントに向けて、メドレーでは初めて企業のオリジナルTシャツも作りました。社内でも着てもらえるモノにしたいなとカレッジロゴ風のモノを作ったり、「中央突破」などのバリュー(行動規範)をあしらったモノを作ったり。いろいろなパターンがあります。(今日の大脇編集長のTシャツにもご注目!)

f:id:medley_inc:20170915175253j:plain

仕事中に着てもらっています♪

その詳細については、明日の「土曜日に読むメドレー」で公開予定ですので、Tシャツ作りに悩むスタートアップのコーポレート本部の方はぜひ見に来てください^^

フランスで日仏交流コーディネーターをしていた西尾がメドレーに入社した理由

「私がメドレーに入社した理由」最新回は、フランスに暮らしていた西尾が登場。トップ画像がかつてないほどにグローバル!

f:id:medley_inc:20170915163929p:plain

就職活動に惨敗し、単身フランスに渡ったという西尾。当初はメルシー、ボンジュール、ジュテームだけで暮らしていたというから驚きです。グローバルな交流に身を置く中で自分の考えが変わり始めたという、この言葉が素敵。

私自身も人と比べることをやめ、”置かれた場所で咲く”ことに自分の生き方を定めました。とはいえ、置かれただけでは花は咲きません。その場所で立派な花を咲かせるために、とにかく”できることを精一杯やる”のが大事!

できることを精一杯やるなかで日仏交流コーディネーターになった西尾が一転、全く未経験のメドレーのセールスを経験することになった経緯とは一体!?

www.wantedly.com

黄金比はなぜ美しいのか?デザイナー小山のTechLunch

メドレーの開発本部が開催する勉強会「TechLunch」の最新回は、デザイナーの小山が登場。「黄金比はなぜ美しいのか」という問いを皮切りに、デザイナーのスキルを思考や心理という視点から考えていきます。

エンジニア・デザイナーでなくとも、いろいろな資料作成などにも活きる話ですので、ぜひ職種問わずご覧ください!

developer.medley.jp

170人超に向け、オンライン診療の現場を語る

9/14(木)、日経デジタルヘルスさんが開催したイベント「動き出す遠隔診療」に登壇させていただきました。

170人だった定員を大幅に超える参加者の方にご参加いただいたそうで、当日はホールだけでなくサテライト会場からも観覧いただいた方がいたそうです。こんなに多くの方がオンライン診療に興味を持っていらっしゃるなんて、一から広報してきた身としては感無量……

f:id:medley_inc:20170915171042j:plain

講演後の質疑応答でもたくさんの質問が飛び交いました

広報室・川田が日経デジタルヘルスデビュー

佐賀市で開催された「第17回 日本糖尿病情報学会年次学術集会」にて、元厚生労働省医系技官の川田が登壇し、オンライン診療による治療継続率の向上についてお話しする機会をいただきました。

その様子を日経デジタルヘルスさんが記事にしてくれました!デイリーランキングで1位を獲得し、多くの方にご興味を持っていただけたようです。

techon.nikkeibp.co.jp

メドレーでは今後も、オンライン診療の現場の様子やエビデンスについて、学会や医師会をはじめ様々な場所で積極的に情報発信をしてまいります。

講演依頼などは、こちらからご連絡ください!

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 急性リンパ性白血病に効くと承認されたCAR-Tを、急性骨髄性白血病などに対して使用したところ死亡例がでてしまったということですね。

2つの病気は、大きく見ると似た病気ですが、違うものです。また同じCAR-Tという名前でも少し違うものを試しています。CAR-Tがなんでも治せるわけではないかもしれないというニュースでした。

- 予想できなかったのかとも考えてしまいますね。

亡くなった方がいるのはいたましいことです。もちろんこの試験の前に、急性骨髄性白血病に対してはどの程度の容量が適切かなど、慎重に慎重を重ねた準備がなされていました。改めて、新薬や新技術というのは予測不可能な領域が広いものであることを実感する事例です。

- 新薬が出たと聞くと、つい「万能薬がきた」と期待してしまいます。

自分が見たい、聞きたいと思う情報につい目が向いてしまいますよね。ただ医療においては、新しいものは未知の要素をはらんでいるということを常に意識しながら情報を受け取ってほしいと思っています。MEDLEYニュースには「効かなかった」という情報も多いですが、世の中全体の情報とのバランスを取りたいという思いからなんです。

f:id:medley_inc:20170915153355j:plain

これがバリューTシャツ!

待ちに待った(!?)3連休とはいえ、台風の動向にハラハラする人が多いかもしれません……皆様、気をつけて週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

9/8 週刊メドレー 〜ジョブメドレーのLINE機能、使ってますか?〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • ジョブメドレーの「LINE機能」が取り上げられました
  • COO室、いよいよ新メンバー募集開始!
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

ジョブメドレーの「LINE機能」が取り上げられました

医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」の求人情報がLINEで受け取れるようになりました!ちょっとしたお問い合わせなどもLINE上で出来ますよ。

こうした内容についてニュースでもご紹介いただきました!

http://www.medley.jp/.assets/thumbnail/20170822_01-640wri.png

 

※記事はこちら

www.kaigo-news.net

すでにジョブメドレーユーザーとしてメールなどで情報を受け取っている方も、LINEとジョブメドレーアカウントを連携すれば、LINEからお知らせを受け取れるようになりますので、ぜひ使ってみてください♪

※手順はこちら

f:id:medley_inc:20170908182709p:plain

この開発の舞台裏について、近々ブログで公開予定ですので、お楽しみに!

COO室、いよいよ新メンバー募集開始!

 

取締役COO・石崎の直下で、全社横断のサービス企画・開発、マーケティング施策などを手がけている「COO室」。これまでメドレーでは、各プロダクトの強化に向けた採用を中心にしてきましたが、9月からはCOO室でも募集を開始しました^^

マーケティングディレクションなどに強みを持つ方、ぜひぜひ応募をお待ちしております。

www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.wantedly.com

2017年、年間採用100名以上を目指して動いているメドレーの採用チーム。Wantedly上でこの採用活動の定期報告をしています。一部の人事担当界隈では、結構話題だとか…!?明日最新回が上がるらしいので、人事の方々、ぜひチェックしてみてくださいね!

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 自分の免疫が自分を攻撃してしまう、という病気ですよね。

よくご存じですね。SLEは指定難病の一つです。患者数は比較的多いと言われていますが、記事を通じて病気の存在を初めて知ったという人もいるかもしれません。

- 糖尿病などのように身近な病気ではないですが、記事は結構シェアされています。

友達にも知ってほしいと思ってくれた人がいると思うと嬉しいですね。内容は歴史的な大発見という種類のものではなく現在の治療実績をまとめたものですが、医学の進歩を感じられることと、関係する人の数が多いことから取り上げました。

- 生存率が伸びることは喜ばしいことですもんね。

ステロイドや免疫抑制薬を使ってよかったと思える患者さんがいることは間違いないと思います。とはいえ病気を持って長く生きることには「その病気とどう付き合っていくのか」「周囲の人の理解をどう得るのか」など、様々な課題も伴います。多くの人に病気の存在や、その治療の実際を知ってもらうことで、患者さんを取り巻く環境はちょっとずつ変わっていくはずです。地道にコツコツ、こうした情報は発信していきたいですね。

f:id:medley_inc:20170908194453j:plain

 東京は雨や曇りの日が続きましたが、週末は晴れるらしくてワクワクです!皆さまも、楽しい週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!

9/1 週刊メドレー 〜CTO平山と医師・島が語る医療の未来〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

  • CLINICSのPMと事業部長が、改めて語る”医療の未来”
  • CTO平山が考える「論理とクリエイティブ」
  • The Japan Timesでオンライン診療が紹介されました
  • 別所哲也さんのラジオ番組にお邪魔しました!
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

CLINICSのPMと事業部長が、改めて語る”医療の未来”

オンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」のPMである取締役CTO・平山と、事業部長である執行役員・医師の島が、あらためて医療に対して抱えている課題意識や、それをメドレーが変革していく可能性についてお話する機会をいただきました。 

f:id:medley_inc:20170901184618j:plain

(左:平山、右:島)

編集の小山さんが2人の熱い想いが伝わる記事に仕立ててくださいました。業界は違えど、レガシーな業界を変えようと頑張っている方や、異業種のプロ達が集まるチーム作りに取り組んでいる方など、ぜひ読んでいただけると嬉しいです^^

amp.review

CTO平山が考える「論理とクリエイティブ」

平山が自身の想いや思想と綴る「メドレー平山の中央突破」、第3回目のテーマは”論理とクリエイティブ”。

今まで大企業や急成長ベンチャーなど様々な組織で働いてきましたが、いずれの組織においても組織母体が大きくなるにつれ、クリエイティブが論理にのみこまれる、そのようなことがどこかのタイミングで必ず起きていたように思います。

こうした問題、組織の成長や変革に携わってきた方は、心当たりがあるかもしれません。もちろん「組織の安定的な運営に論理は不可欠」と平山自身も続けていますが、では組織のクリエイティブはどうやって保ち続けるべきなのでしょうか?同じような悩みに直面したことのあるクリエイターの方々、ぜひご覧ください。

toppa.medley.jp

The Japan Timesでオンライン診療が紹介されました

英字新聞「The Japan Times」にオンライン診療に関する特集記事が掲載されました!

国内に住む外国人の方々にも、ぜひオンライン診療を知っていただく機会になればと思います。

www.japantimes.co.jp

トップ画像には、5月にメドレーと南相馬市首相官邸に表敬訪問させていただいた時の画像が。もうあれから3ヶ月……あっという間です(遠い目)。 

別所哲也さんのラジオ番組にお邪魔しました!

8/31(水)、別所哲也さんがパーソナリティを務めるJ-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」に代表取締役医師・豊田が出演させていただきました!

日本の医療課題について説明するとともに、それらを解決するためのサービスとして、オンライン医療事典「MEDLEY」やオンライン診療アプリ「CLINICS」についてご紹介しました。

f:id:medley_inc:20170901183531j:plain

ちょうど別所哲也さんのお誕生日の会に出演したこともあり(!?)ラジオを聴いた方からその後お問い合わせをいただくなど、嬉しい反響をいただきました^^

聴き逃してしまった方、radikoのタイムフリー機能などで、昨日分の放送を聞くこともできますよ♪チェックしてみてください。

ちなみに…豊田が同じくMEDLEYやCLINICSについて語った過去の記事が、今週Newsweekさんに転載されました。 なんとYahoo!ニュースにも転載され、トピックスにも上がったようです。多くの方に、弊社の想いが伝われば嬉しいです!

www.newsweekjapan.jp

www.newsweekjapan.jp

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 読むだけでゾッとしてしまう話ですね。

インスリン注射の話ではありますが、広く読まれる記事になりました。いつか自分も間違うかもしれないと感じている方は意外に多いのかもしれません。

- 説明を受けても、勘違いして間違った使い方をするということもありそうです。

自己注射以外にも、吸引器を用いた治療などでも同じことが言えますね。薬が効かないなと思って医師に相談したら、器具の使い方を間違っていたことが分かったという話も聞いたことがあります。

- どうすれば防げるのでしょうか……。

医師が読むメディアにも「正しい方法で使用しているか定期的に確認するように」というアドバイスが載っていますが、患者さん側からも積極的に確認してみて下さい。なんでも質問することが、治療に関して深いコミュニケーションが生まれる第一歩ですから、恐れずぜひ聞いてみてくださいね。

f:id:medley_inc:20170901174230j:plain

9月に突入し一気に涼しくなり、東京は早くも秋気分!急な温度変化で体調を崩さないよう気をつけて、楽しい週末をお過ごしください。以上、今週の週刊メドレーでした!