MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

2/16 週刊メドレー 〜いろんな社員の登壇話〜

近くのコーヒー屋さんの紙カップが桜の柄になって、コーヒーを飲むたびにテンションが上がっている広報・阿部です。イベント続きであっという間だったこの一週間、早速振り返っていきましょう^^

今週のメドレー

  • 色々なメンバーが、イベントで登壇しています!
  • 東洋経済オンラインに、豊田が登場
  • 「医療の未来」特集記事で、川田が日経デビュー

たくさんのイベントに呼んでいただいてます!

最近では、代表だけではなく他のメンバーがイベントで登壇したり、取材でお話させていただく機会が増えて来ました。2月は特にそうした場が多かったので、少しご紹介します。

取締役・田丸、母校で登壇

まずは先日取締役に就任した、弁護士の田丸。母校である東京大学駒場キャンパスにお邪魔し、弁護士を目指す学生さんに向けてお話する機会をいただきました。

「国際的に活躍する土台を作りたい」と外資の事務所で働いたのち、「事業の経営に携わりたい」とメドレーに法務統括責任者としてジョインした田丸。そのキャリアを選んだ理由について、学生さんの質問をお受けしながら紹介しました。

f:id:medley_inc:20180216144729j:plain

弁護士の資格があるからといって、事務所で働くだけに選択肢はとどまらないという田丸の話を受けて、学生さんからは「弁護士についてのイメージが変わった」「分野横断的な職業を行うための礎としての法学という認識を持てるようになった」など、とても嬉しい感想が。学生のみなさんの将来、楽しみです!

CTO・平山が、「医療×Tech」の可能性を紹介

昨日は、Developers Summit 2018に取締役CTO・平山が登壇。「X-Tech」をテーマに、マネーフォワードCTO・中出さん(金融)、トレタCTO・増井さん(飲食)とともに、レガシーな領域にインターネットによる変化を取り入れていく面白さ、エンジニアとして携わる価値などをお話しました。

f:id:medley_inc:20180216152647j:plain

会場は嬉しいことに超満員!SIerをはじめ、様々な職種・業種の方にお集まりいただきました。プロダクトが業界にもたらす価値はどんなものか、それを生みだすためにどんな組織体制でやっているのか等、話は尽きず、あっという間に45分のセッションは終了。終わった後も、CTO3人はワイワイと話続けていました(笑)。

当日の様子については、後日、Developer Blogでもお伝えします!

採用広報のボス・加藤が「多様な働き方」を語る

 昨日の夕方は、採用広報を管掌する執行役員・加藤が「働き方を考えるカンファレンス2018 」に登壇。富士通で共創の場づくりを行う高嶋さんと対談させていただきました。

f:id:medley_inc:20180216155608j:plain

(右のぽんぽん付き帽子をかぶっているのが加藤)

メドレーが医師やエンジニアをはじめ、多様な人材が集まって働く環境であることから「働き方の多様化を支える文化」をテーマにしたセッションとなりましたが、冒頭から「本当に働き方の多様化って必要なんですかね?」「必要だと思ってる人?(と観客に質問)」というアイスブレイクから対談は始まりました(笑)。

代表理事の藤本さんが「多様化、必要ないよね!と言う結論でもいいんです、自由にお話ください」と言って送り出してくれたことで、お互いに自由に、かつ熱い議論を繰り広げられました。

加藤も考えを整理する場にもなったようで、「土曜日に読むメドレー」に来週あたり改めてまとめようかな、と言ってました。気になる方は、来週末の「土曜日に読むメドレー」をチェックしてみてください!

 

東洋経済オンラインに、豊田が登場

本日の東洋経済オンラインに、代表・豊田の著書「ぼくらの未来をつくる仕事」をもとにした記事が掲載されました。

toyokeizai.net

医療システムに関して学ぶ授業などもない日本では、患者やその関係者にならない限り、なかなか医療と自分を繋げて考える機会はありません。豊田の著書やこうした記事が、多くの方に医療を「自分ごと」として捉えて、関わり方を考えるきっかけとなれば嬉しいと思っています。

豊田の想いが詰まった著書ですが、おかげさまで色々な書店で売上一位をいただいたり、話題書に選んでいただいたりするようです。ポスターが貼ってある書店もあるらしいので、大きな書店にお立ち寄りの際は、探してみてくださいね!

f:id:medley_inc:20180216162225j:plain

先週もお伝えしましたが、出版記念イベントとして、3/16(金)に、津田大介さんとの対談イベントも決定しています。まだまだ参加者を募集中ですので、ご興味ある方はぜひお越しください!

peatix.com

「医療の未来」特集記事で、川田が日経デビュー

日経で「ポスト平成の未来学」という連載が始まりました。その4回目は医療特集。

インターネットが医療の未来を切り拓いている様子を紹介するとともに、その先にある医療の未来を考えるという内容でした。

www.nikkei.com

そのカギとして「オンライン診療」を挙げていただき、CLINICSを担当する医師・川田裕美のコメントを掲載いただきました。川田、日経デビューです!

もともと川田は厚労省の医系技官として、国の制度作りに関わってきた医師です。国の制度の整備が進みつつあるオンライン診療を中心に、行政とのやり取りや社内でのルール作りなどを担当してきました。

(こんな人です)

www.wantedly.com

ふんわり癒しオーラを放つ川田ですが、オンライン診療の動向などについて話すたびに、医療への情熱をひしひしと感じます。4月からの診療報酬改定の動きを受けて、取材を川田が受けることも多くなってきていますので、ご注目ください^^

 

立春も過ぎ、暖かくなったり寒くなったり、六本木はまさに三寒四温な日々です。インフルエンザもまだまだ猛威をふるっておりますし、みなさまも体調に気をつけて、良い週末をお過ごしください^^ 以上、今週の週刊メドレーでした!

2/9 週刊メドレー 〜日経デジタルヘルスのベンチャーランキング1位に!〜

メドレー広報・阿部です。

オンライン診療アプリ「CLINICS」を公開したのは、2016年2月8日。ちょうど昨日で2周年を迎えました!(ちなみにオンライン医療事典「MEDLEY」は2015年2月に公開。2月は色んなプロダクトのお誕生月です^^)

今週の2月7日、オンライン診療の診療報酬点数も発表され、CLINICS事業部にとっては感慨深い1週間になりました。

techon.nikkeibp.co.jp

今週のメドレー

  • ベンチャーが選ぶベンチャーランキング」1位に選出されました
  • 開発本部がキックオフ合宿をする理由とは
  • エンジニアが新規事業にチャレンジする面白さって?
  • 田丸が取締役に就任しました
  • ブックファーストで売上ランキング1位!

ベンチャーが選ぶベンチャーランキング」1位に選出されました

日経デジタルヘルスによる「ベンチャーが選ぶベンチャーランキング」のベスト10が、2/5の「日経デジタルヘルス祭り」にて発表されました。医療ヘルスケアベンチャーが注目するベンチャーを投票して決定するもので、メドレーは、なんと、1位に選出されました!

f:id:medley_inc:20180209183101j:plain

受賞を励みに、投票いただいた方々のご期待に応えられるように、価値あるサービスの提供に邁進していきます。投票いただいた方、ありがとうございました!

開発本部がキックオフ合宿をする理由とは

先日開催されたキックオフ合宿について、新卒エンジニア・日下がレポートしてくれました。期初にキックオフを行う企業は多いと思いますが、メドレーの開発本部では、あえて合宿形式でキックオフを開催しています。その理由や、実際どんなことをしているのかなどをお伝えしています。

初ブログ記事ということでアレコレ悩みながらレポートを書いてくれた日下。硬い文章に初々しさを感じていただきながら(笑)ご覧ください!

developer.medley.jp

エンジニアが新規事業にチャレンジする面白さって?

昨年、CTO・平山が参加したイベント「エンジニアも新規事業にチャレンジしナイト」の様子が、HRナビさんで記事になりました。

hrnabi.com

エンジニアとして技術に特化してキャリアを積み上げて行くのも一つですが、新規事業の立ち上げに関わるのも選択の一つでは?新規事業を立ち上げることのキャリアとしての意味、エンジニアだからこそ発揮できる価値などについてお話しています。

平山は、来週2/15のDevelopers Summitにも登壇いたします(すでに満席の予約をいただいております)。お越しになる方は現地でお会いしましょう!

田丸が取締役に就任しました

2/5に、田丸雄太が新たに取締役に就任しました。
f:id:medley_inc:20180209195226j:plain

www.medley.jp

これまで法務統括責任者として、メドレーのプロダクトの法務面を牽引してきた田丸。2月からはコーポレート本部の管掌役員となり、コンプライアンス面はもちろん、全社を支えるコーポレート組織作りを率います。

ブックファーストで売上ランキング1位!

豊田の書籍「ぼくらの未来をつくる仕事」、おかげさまでブックファーストで売上ランキング1位をいただきました。

f:id:medley_inc:20180209190750p:plain

嬉しすぎてスクリーンショットを取ってしまった私です

 

大好評につき、本日の日本経済新聞の1面にも広告を掲載(お手元にある方はご覧ください!)。たくさんの取材依頼もいただき、本日、リクナビNEXTジャーナルさんが素敵なインタビューを掲載してくれています。

next.rikunabi.com

さらに、本好きの方にはお馴染みダ・ヴィンチさんでも紹介されました!

ddnavi.com

出版記念イベントとして、3/16(金)に、津田大介さんとの対談イベントも決定!早速募集ページを公開しましたので、ご興味ある方は是非ご応募ください。

peatix.com

書籍はもちろん、オンライン診療にも注目が高まり、広報部はてんやわんやながらも嬉しい日々を過ごしています!世間はインフルエンザが流行中ですが、何としてもインフルエンザは避けるべく、手洗い・うがい・消毒を徹底ながら、2月を駆け抜けたいと思います。

みなさまも体調に気をつけて、良い週末をお過ごしください^^ 以上、今週の週刊メドレーでした!

2/2 週刊メドレー 〜小山が考える「開発者にもやさしい」デザイン

メドレー広報・阿部です。東京は2週間連続の雪で冷え冷え・・・!こたつに篭ってまったりする週末になりそうです。今週のメドレーも、書籍関連の記事はもちろん、色々なことがありました。

今週のメドレー

  • デザイナー小山が考える「開発者にもやさしい」デザイン
  • 亀田総合病院にCLINICSを導入
  • 今週末も、ラジオで豊田がお話します

デザイナー小山が考える「開発者にもやさしい」デザイン

医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」が先日デザインリニューアルをしました。実はこのリニューアル、ユーザーに優しいことはもちろん、開発者(=自分たち)にも優しいデザインを目指したものなんです。

f:id:medley_inc:20180202121833p:plain

プロダクト理念に立ち返るなかで、デザインを保つために開発が苦労するデザインでは、結果的にユーザーにとって本当に必要な部分の開発に集中できないのでは?と考えたそうです。

こうした背景や実際に進めた方法について、デザイナーの小山がブログにまとめました。

developer.medley.jp

デザイナーだけでなく、エンジニアの方にも届いたようで、エンジニアの方からのこんなコメントも。

”自分たちにも優しい”デザインとは? - Medley Developer Blog

色が減っただけでもかなりのやさしさ。つくったデザインのやさしい説明も参考になる

2018/02/01 09:31

b.hatena.ne.jp

自分たちの開発の工夫が、他のデザイナー・エンジニアのお役にも立っているというのが実感できるコメント、やっぱり嬉しいですね。

今後も、開発に関するこうしたアレコレをブログを通じて発信していきたいと思いますので、デザイナー・エンジニアの方はぜひチェックいただけると嬉しいです^^

開発本部のブログはこちら。

developer.medley.jp

亀田総合病院にCLINICSを導入

1/31より、千葉県の亀田総合病院でオンライン診療アプリ「CLINICS」を活用した、がんセカンドオピニオン外来がスタートしました。

www.medley.jp

CLINICSは、地域のかかりつけ医となるクリニックへの導入が多いですが、少しずつ、大病院での活用事例も増えています。

特にセカンドオピニオンは、遠方から受診にいらっしゃる患者さんが多くオンライン診療と相性の良い分野で、導入病院も増えつつあります。こうした多様な活用事例がますます全国に広まるよう、CLINICS事業部一丸となって努力してまいります。

今週末もラジオで豊田がお話します

今週も、書籍関係の発信が続きます^^ 

明日3日(土)20時からは、TOKYO FM茂木健一郎さんのラジオに2回目の出演。

f:id:medley_inc:20180126184733j:plain

 先週の放送内容は、こちらでご覧になれます^^

www.tfm.co.jp

また、本の要約サイト「flier」さんが、豊田の書籍のまとめを出してくれました!どんな本か気になっている方、まずはこちらを読んでいただけると良いかもしれません。

www.flierinc.com

本屋さんのランキングにも上位に入ったり

 SNSでも嬉しい感想の声が寄せられたり

嬉しいニュースが届いています! 

ちなみに、ゆる〜くメドレーについてお伝えする「週末に読むメドレー」で阿部が書籍の裏話などを書かせていただきましたが、この書評(?)シリーズ、今週末にもまた更新があるみたいですよ・・・!こちらもお楽しみに!

www.wantedly.com

今週末もまだまだ寒さが続きそうですが、体調に気をつけて、良い週末をお過ごしください^^ 以上、今週の週刊メドレーでした!

1/26 週刊メドレー 〜豊田、本出しました!

メドレー広報・阿部です。東京は月曜日に大雪が振り、週末もずっと寒波に見舞われ、凍える一週間でした・・!しかし寒さに負けずに、メドレーはアクティブ!1週間の動きをお伝えします^^

今週のメドレー

  • 豊田、本出しました!
  • 大雪翌日、「モーニングCROSS」に出演
  • 週末はラジオでテレビで豊田がお話します

豊田、本出しました!

1/22(月)、豊田が初の著書「ぼくらの未来をつくる仕事」を上梓いたしました。

f:id:medley_inc:20180126181358j:plain

担当編集者の方が、豊田の脳外科医時代に救急で運び込まれてきた患者さんだったことから、「覚えていらっしゃいますでしょうか?」というメッセージが来たのが1年前。

ぜひ医療への想いや、キャリアを選ぶ上で大切にして来たことなどを発信してみてはと執筆依頼をいただき、こんなご縁を逃してはいけないと出版が決まりました。

豊田自身、半年くらいかけて試行錯誤しながら執筆していましたが、自身の「未来をつくる」働き方を紹介することが誰かの役に立てばと思ってからは、迷いなく書き進められたようです(とはいえ日々悩んでいましたが笑)

都内だけでなく、色々なエリアの方から「平積みされてたよ」「入り口すぐに置かれていたよ」など報告をいただいています^^ お近くの書店で見かけた際は、お手に取っていただけると嬉しいです!

大雪翌日、「モーニングCROSS」に出演

22日の夜、東京は超大雪でしたが、豊田は翌日23日、8時からのモーニングCROSSに出演して来ました!雪でタクシーが動かないかもしれない・・・という心配は杞憂に終わり、無事に到着して、医療ニュースの解説や書籍の紹介などをして来ました。

「オピニオンCROSS」というゲストコメンテーターが1つずつニュースを紹介するコーナーでは、終末医療ガイドラインが変わるという話題をご紹介。

yomidr.yomiuri.co.jp

患者さんやそのご家族が、医師や医療従事者、介護従事者などと繰り返し話しながら終末医療を決めていけるように国の指針が変わる見通しだという内容です。メドレーも目指している「納得できる医療」に通じる内容として、一人でも多くの方がこのニュースを知ることで、将来受ける医療について考えるきっかけになればと、取り上げました。

最後は司会の堀さん(右端)も書籍をアピールしてくれました!

f:id:medley_inc:20180126182147j:plain

週末はラジオでテレビで豊田がお話します

書籍の出版に合わせて、豊田の露出が続きます。

本日はピーターバラカンさんがパーソナリティを務める「The Life Museum」に出演。「薬は飲まない派なんだよね(笑)」と言いながらも、CLINICSMEDLEYについて、色々と聞いていただきました。

f:id:medley_inc:20180126184320j:plain

聞き逃しちゃった方も、ポットキャストで聞いていただけますのでぜひどうぞ。ピーターバラカンんさんの、ユーモア溢れる曲選もお聞き逃しなく!

www.tfm.co.jp

明日は、20時から同じくTOKYO FM茂木健一郎さんのラジオにも出演。実は、このラジオ出演決定がキッカケで、書籍にも推薦文をいただいたんです(帯をチェック!)。

事業はもちろん、これまでのキャリアについても興味津々で聞いていただき、収録は大いに盛り上がりました。

f:id:medley_inc:20180126184733j:plain

 放送詳細はこちら。

www.tfm.co.jp

さらに明日の23:54からは、TBS「アースラボ」で豊田が特集されます!寝る前のちょっとした時間に、こちらもチェックしてみてくださいね。

www.tbs.co.jp

ということで豊田づくしの1週間ですが、こうした色々な場でお話しさせていただくことで、メドレーが目指していることやサービスのこと自体を、多くの方に知っていただけると嬉しいです!

(ちなみに、ゆる〜くメドレーについてお伝えする「週末に読むメドレー」では、阿部が書籍の裏話などをこっそりお伝えしますので、そちらもお楽しみに)

www.wantedly.com

週末もまだ寒さが続きそうですが、体調に気をつけて、良い週末をお過ごしください^^

以上、今週の週刊メドレーでした!

1/19 週刊メドレー 〜開発本部、寒空の下、合宿中!〜

メドレー広報・阿部です。今日は開発本部は合宿中!いつも屋内でPCに向き合うエンジニア・デザイナーたちには、寒空の下は辛いかもなあ……と思いながら「そちらはどんな感じですか?」とエンジニアの新居に聞いたら、こんな写真が帰ってきました。

f:id:medley_inc:20180119180132j:plain

果たして開発本部に何が起きているのか。後日のレポートブログをお楽しみに!

さて2018年3週目の週刊メドレー、スタートです!

今週のメドレー

  • 大好きだったリクルートを離れ、鈴村がメドレーを選んだ理由とは?
  • 「働き方を考えるカンファレンス2018」に加藤が登壇
  • 新潟にもますますオンライン診療が広がります!

大好きだったリクルートを離れ、鈴村がメドレーを選んだ理由とは?

新卒でリクルートの人事部に配属され、給与計算から入社・退職・異動配置、人事規程や制度の整備と幅広い人事の仕事に取り組んでいた鈴村。なぜそんな彼女が、医療×ITの世界に?その背景には、鈴村自身のある医療体験がありました。

医療の世界という異業種、かつカスタマーの支援という異職種に飛び込んで9ヶ月、今、鈴村が感じている働きがいについても語ってもらいました。

www.wantedly.com

目指す未来に対して、社会を動かしていきたいと感じている20代、30代の方には、鈴村の転職ケースは一つのヒントとなるかもしれません。ぜひご覧ください^^

「働き方を考えるカンファレンス2018」に加藤が登壇

2/15に開催される「働き方を考えるカンファレンス2018」に、採用・広報管掌の執行役員、加藤が登壇します。

富士通で共創プラットフォーム「HAB-YU」を運営するなど、社内の共創の場づくりを行う高嶋氏と共に、多様な人材が活躍する組織とは?働き方の多様化って実際どうなの?などについてお話します。

実はこれ、Wantedlyの「私がメドレーに入社した理由」シリーズを見たイベント主催者が、様々なバックグラウンドや個性を持った社員たちが、1つの目標に向けて取り組んでいる会社ってどんな雰囲気なのか教えて欲しい、とお声がけいただいたことがキッカケなんです。

「働き方を考えるカンファレンス」は、第一回目の昨年が初開催にもかかわらず600人が来場し、ゲストに世耕経産大臣も登場するなど、働く界隈で話題の会です。人事採用担当の方はもちろん、今後のキャリアや、自分たちの組織の働き方について考えている様々なビジネスパーソンが集うそうなので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

 

 イベント詳細はこちらから。

www.atwill.work

新潟にもますますオンライン診療が広がります!

18日の日経新聞で、オンライン診療アプリ「CLINICS」と、北越銀行が提携したことを報じていただきました。北越銀行の取引先である医療機関に、CLINICSを活用したオンライン診療を提案するというものです。

CLINICSは北海道から沖縄まで全国の医療機関にすでにご活用いただいておりますが、本社は東京・六本木の1社のみで、全国に拠点がある状況ではありません。

地域医療におけるCLINICSの価値を感じていただいたパートナーを得たことで、ますます新潟エリアにオンライン診療が広がっていくのではと思っています!

記事詳細はこちらから(全文閲覧にはログインが必要です)。

www.nikkei.com

--------------------

気がつけば1月も後半戦、この調子で行くと2018年もあっという間に終わっちゃう気がしますね……!?年末年始の疲れからか、体調を崩している人も多いようです。年始で仕事がバタバタしている方も多いでしょうが、お休みできるときはしっかり休んでくださいね!

以上、今週の週刊メドレーでした!

1/12 週刊メドレー 〜エンジニアと医師、一緒に働くってどんな感じ?

メドレー広報・阿部です。本年も、どうぞよろしくおねがいします。

みなさま、年末年始はどうお過ごしでしたでしょうか?阿部はお餅を食べ過ぎて、今週からダイエットを始めました。そんな年初めの週刊メドレー、早速スタートです!

今週のメドレー

  • 医師がエンジニアと働くってどんな感じか聞いてみた
  • CLINICSの開発に欠かせない3つの習慣って?
  • 営業統括・藤田が考える、医療×ITの可能性

医師がエンジニアと働くってどんな感じか聞いてみた

メドレーでは、臨床現場で経験を積んだ医師が複数名、社員として働いています。エンジニアと医師がチームを組み、プロダクト開発にあたることもしばしば。全く異業種同士、どんなことを感じながら働いているんでしょう?

オンライン医療事典「MEDLEY」の編集を担当する医師・園田に、エンジニア・平木が直撃しました。

www.wantedly.com

エンジニアと働き始めて、仕事のやり方が全然違うことに驚くことばかりだったという園田。エンジニアの平木も、医師と働いて驚いたことがあるといいます。

異職種が出会う職場ってどんな感じなのか、詳しくは記事をご覧ください!

阿部も取材に立ち会ったのですが、園田が「お揃いの帽子で写真取ろうと思って」とニット帽を持ってきてくれたことにチーム愛を感じました。

f:id:medley_inc:20180112183654j:plain

そこはかとなく漂うコンビ感

CLINICSの開発に欠かせない3つの習慣って?

オンライン診療アプリ「CLINICS」は、診療に深く関わるプロダクトであり、老若男女問わず、様々な方にご利用いただくアプリです。そのため開発には慎重さが求められる一方で、必要な開発はスピーディに進める必要もあります。

こうした難しい両立を実現するためにCLINICSチームが取り組んでいることについて、ディレクターの横尾がまとめました。

developer.medley.jp

医療領域でなくとも、同じような両立の難しさを抱えるプロダクトは少なくないのでは?そうした開発に携わる方に、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

営業統括・藤田が考える、医療×ITの可能性

オンライン診療アプリ「CLINICS」の営業統括・藤田を、AMBIさんに取材していただきました。営業立ち上げ期から関わったベンチャー企業が上場、その後の道を考えていた藤田ですが、メドレーに出会ってすぐに入社を決めたと言います。

その理由とは?

en-ambi.com

こうした営業哲学を持つ藤田が、来週イベントに登壇!マネーフォワードさん、ウォンテッドリーさんと今注目の企業とともに、ベンチャーで働く面白さについてお話します。ご興味ある方は、ぜひご参加を!

peatix.com

--------------------

風邪やインフルエンザにかかる人も周囲に増えてきているように感じますが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?寒さに気をつけて、良い週末をお過ごしください。

以上、今週の週刊メドレーでした!

12/29 週刊メドレー 〜今年もお世話になりました〜

メドレー広報・阿部です。いよいよ2017年最後の週刊メドレー!今年一年、大変お世話になりました。来年も、メドレーをどうぞよろしくお願いします。

2017年最後の1週間も、色々ありました。今週のメドレーのトピックスをご紹介します。

今週のメドレー

  • AERAにて、来年の医療を語る!
  • AKB 横山由依さんと対談させていただきました
  • MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

AERAにて、来年の医療を語る!

今週のAERAは「ネクストブレイク100」特集。様々な分野ごとに、2018年の注目話題を取り上げています。

https://publications.asahi.com/aera/nakazuri/image/20180101.jpg

「医療」分野には、代表・豊田が登場させていただき、画像解析分野のスタートアップ・エルピクセルの代表・島原さんとの対談をさせていただきました。AIやオンライン診療の話はもちろん、医療データの将来は?なんて話まで、熱く議論した内容が掲載されています。2ショット写真にもご注目^^

年末特大号なので、お正月の間しばらく駅やコンビニ、書店などに並んでいますので、ぜひチェックして見てください!

AKB 横山由依さんと対談させていただきました

Newspicksにて、AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんと対談をさせていただきました。2回にわたりその様子をまとめた記事が公開されました。

newspicks.com

newspicks.com

実は対談前、豊田も「まだ20代半ばと若い横山さんに、医療介護って遠い世界なのでは?」と心配していたようです。でもお会いしてみると、最近通院した時に感じたリアルな悩みや、過去の周囲の方の医療体験などを踏まえて、たくさんの質問を用意してくださっていました。

一方で、やっぱり「まだ医療ってピンと来ないです」というような率直な感想もいただきましたが、その質問をきっかけに、若い方にも身近な事例などをたくさん紹介することも出来て、医療や介護は「まだ先のこと」と感じる方にこそ、読んでいただきたい記事に仕上がりました!ぜひ帰省の最中のスキマ時間に読んでいただけると嬉しいです。

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説  

- 一見すると、医療に関係なさそうなニュースも多いですね。

なるべく身近な情報を大事にしているMEDLEYニュースでは、この1年で取り上げたのは免疫療法「CAR-T」くらいです。ただ、医療と世の中全体の動きは切っても切り離せないもの。こうして有名医学誌がまとめてくれるのは、私自身勉強になります。

- 医療と世界情勢の関係って…?

例えば2014年にアフリカ大陸西部でエボラ出血熱が流行って話題になったことを覚えていますか?世界的に注目されたこの流行ですが、現地では、戦争や貧困に長く苦しめられてきた地域もあり、温度差があったと聞いています。

- 現地の常識や情勢を踏まえて見ると、全く違う一面が見えてくるということですね。

そうですね。個人的にも、医学を単独ではなく周囲の環境と結びつけてとらえることを大切にしています。このニュースが、社会と医学の関係に関心を持つ人に届けばと思っています。

--------------------

年末はますます冷え込みがきつくなってきましたね。大掃除や帰省などお忙しい方が多いと思いますが、体調には気をつけて良い年末年始をお過ごしください。

以上、今週の週刊メドレーでした!