読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

《号外》週刊メドレー 年末特別号 〜今年もお世話になりました〜

号外 コーポレート

メドレー広報の阿部です。今年1年、メドレーには色々なことがありました。オンライン診療アプリ「CLINICS」を2月にリリースし、1年弱で導入医療機関は200を突破。医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」では契約事業所が5万、ユーザーも10万人を超えました。

あとNスタや首都圏ニュース、日経トレンディにも出たり。今週は「Hey! Say! JUMP」が表紙のAERAにも登場しています!!

こういう華やかな話題は嬉しいものです。しかしこうした影に隠れた名作も実はたくさんあります。

ということで、広報の視点から「あえてもう一度読み直したいベスト3」をお送りして、今年を締めさせていただきます。

袋とじとして「MEDLEYニュース編集長・大脇のTシャツ総振り返り」もご用意いたしましたので、最後までぜひお付き合いください。

 

社員数は1.5倍に、役員も増えました

12/22(木)に全社忘年会を開催しましたが、集合写真をみると改めて人が増えたことを実感。昨年12月には80人ほどだったメドレー社員は、この12月に約120人に増えました。

f:id:medley_inc:20161227234711j:plain

強力なキャリアと個性をもつ役員陣も続々とジョインした1年でした。8月頃、役員強化についてTHE BRIDGEさんに特集してもらった記事を改めてご紹介。

こちらの記事、写真にも映っている男性メンバーが「我こそは」とメドレーの魅力を話しまくる、放課後の男子校のような雰囲気のなかで行われました。なぜか最終的に記者さんに「メドレーに入らない?」とリクルーティングをし始めるという、阿部にとって非常に印象深い取材でした(モリさんありがとうございました)。

いま広報を見ている執行役員・加藤の顔がつやっつやだったなというのもいい思い出です。

thebridge.jp

他社さんとの勉強会もいろいろ開催

2016年は他社さんとコラボした勉強会もたくさん開催することができました!

エムスリーさん&FiNCさんとヘルステックをテーマにしたエンジニア勉強会をやったり、Sansanさん&マネーフォワードさんと規制産業における開発について語りあったり。その他、法務やディレクター職に特化した会も開催しました。

メルカリさん&エブリーさんと開催した会では、サービスの成長について各社が秘訣を包み隠さずお話ししたり。その様子をまるっとログミーさんに掲載いただいたので、サービスの開発・ディレクションに関わっている方は、ぜひ年末ゆっくりお読みください^^

logmi.jp

エムスリーさんとは、12月に再び勉強会を共催するご縁にも恵まれました。医療サービスにおける運用の裏話をお話しした勉強会のレポートはこちら!

info.medley.jp

すごくカッコよくなったコーポレートサイトの裏側

7月、弊社のエースデザイナー・波切の入社を機に「医療を再デザインする」企業になろうという強い思いをもとに、コーポレートサイトを全面リニューアル。会社の顔であるサイトが、社員一人ひとりの熱量が伝わるものへと変わりました。

リニューアルは変更されたデザイン自体に目が行きがちですが、この背景にあるデザイナーの熱い想いこそが、広報としては最も伝えたいことでもあります。

ということで最後は、コーポレートサイトをデザインした熱くクールなデザイナー・波切の記事で締めたいと思います。

www.wantedly.com

 

《番外編》MEDLEYニュース編集長・大脇のTシャツ総振り返り

毎日全世界で注目されている最新論文を読み、ニュースを配信する「MEDLEY 編集長」大脇がイチオシ記事を解説するコーナーが、週刊メドレーの締めコンテンツの定番です。毎週「いつTシャツがかぶるのかな?」とワクワク写真を撮っているのですが、実はまだ一度もかぶっていないんです。そんな編集長のTシャツコレクションを勝手にまとめてみました!

新年一発目のTシャツは何になるのかを楽しみに、除夜の鐘を聞きたいと思います。

f:id:medley_inc:20161227193132p:plain

そんな大脇の入社理由ブログ「医者にならずに7年過ごした僕がMEDLEYニュースを書く7つの理由 by 大脇 幸志郎 | 私がメドレーに入社した理由」をキッカケに、メドレーに遊びに来てみたいという医師の方にご連絡いただくことが増えて来ました。

こうした声を受けて、1/9(月)に医師向けのミートアップを開催します!20名限定ですので、お早めにご参加ください♪

 

応募と詳細はこちらから。

 

2016年、様々なことがありましたが、皆様のおかげで無事に1年間を終えることができました。さらに医療業界に価値を提供できるように邁進してまいりますので、来年も株式会社メドレーおよび「週刊メドレー」を宜しくお願い致します。