読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

1/20 週刊メドレー 〜ロンブー淳さんと豊田が共演!〜

コーポレート

メドレー広報・阿部です。メドレーで今週起きた出来事をウラ話とともにお伝えする「週刊メドレー」、雪がちらつく六本木から本日もお届けします。

今週のトピックス

・Schooさんのスタジオに驚き!

・医療と不動産の分野から見る、AIがもたらす変化とは

ロンドンブーツ1号2号・淳さんと医療の行方を語る!

・メドレーの「デザイン」の未来は?

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

Schooのスタジオに驚き!

1/16(月)から、Schooさんで「巨大産業はインターネットでどう変わるか」授業シリーズが始まりました。その第一回目に、豊田がゲストとして出演し、メドレーの取り組みについてご紹介しました。

メドレー初のSchoo出演でしたが、そのスタジオセットや授業の作り方には驚き。スライドとスタジオを切り替えたり組み合わせたり、リアルタイムでどんどん作られる授業の様子に感動していたら、あっという間に1.5時間が経っていました。

f:id:medley_inc:20170120182853j:plain

 視聴者の方から、その場で「ネットの検索に頼ってしまうけど、どれが信頼できるのかわからないと思うことがある」「遠隔診療のシステム、心療内科にも最適ですね!」など様々なコメントや質問が寄せられ、さらにそれを受けて豊田がコメントし…と、どんどん議論が加速するSchooならではの空気感を楽しみながら、授業を終えることができました。

ご覧いただいた方、ありがとうございました!

医療と不動産の分野から見る、AIがもたらす変化とは

ともにサービスにチャットボットを取り入れているつながりから、オンライン接客で不動産の仲介を行うiettyさんと対談を行わせていただきました!

サービスについて情報交換をするなかで、話は未来の医療・不動産の話に。AIが普及したら業界はどう変化するのか、仕事はどのように変化していくのか……など、どんどん話は膨らみ、気づいたら記事が前後篇になっていました(笑)。

frontier.bizreach.jp

ロンドンブーツ1号2号・淳さんと医療の行方を語る! 

来週1/23(月)21時より、文化放送ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB - 文化放送」に、豊田が出演します!

f:id:medley_inc:20170120180535j:plain

淳さんのプロフェッショナルな司会のおかげで、リラックスしながら医療に関するアレコレを語り合ってきました。収録後の満足げな一枚。ぜひお聞きください!

メドレーの「デザイン」の未来は?

「私がメドレーに入社した理由」最新回は、デザイナーのマエダが登場!メドレーのプロダクトの可能性や、デザインとしてどう表現していくか等、熱い想いを語っています。

ビールを飲み交わすエンジニア・デザイナーと仕事がしたい!というマエダに「ブログにも飲んでる写真とか欲しいですね…」と広報が無茶振りしたところ、「よし、今晩行きましょう!」と言って撮ってくれた写真がブログのラストのアレです。ぜひご覧ください!

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。 

今週はこのニュース

medley.life

編集長の解説

出産に関わるホルモンとして知られる「オキシトシン」ですが、実は「陣痛促進剤」として利用されていることを知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。医学的には全く同じである物質も、言葉を変えるだけでイメージが大きく変わりがちであることを示す事例だと思い、取り上げました。

オキシトシン」というと、体内で分泌されるホルモンであることから良いイメージを持たれやすい言葉です。しかし「陣痛促進剤」という言葉を聞くと「リスクがあるのではないか」とネガティブな反応を持たれる方も多いでしょう。記事の反響を見ても、ソーシャルでネガティブな反応をしている人が「促進剤」という言葉を使っていたのが印象に残りました。

「促進剤」という言葉だけを聞くと怖くなりますが、それはどんなものなのかを理解し、しっかりと医師や家族と相談して選ぶことができれば、怖がりすぎることはありません。 オンライン病気事典「MEDLEY」などが、そうした知識を得る場になればと思いますし、そうあるサービスであり続けるよう、いっそう改善を重ねたいと思います。

f:id:medley_inc:20170120183358j:plain

最近着実にファンを増やしている編集長。今週もお会いした方に「こんど編集長にお会いしてみたいです!」とラブコールをいただきました。そんな方々、ぜひメドレーに遊びにお越しください^^ 一応、募集一覧も貼っておきますねっ。

www.wantedly.com

それではみなさま、よい週末を。以上、今週の「週刊メドレー」でした!