読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

1/27 週刊メドレー 〜朝日新聞の夕刊をチェック!〜

コーポレート

メドレー広報・阿部です。メドレーで今週起きた出来事をウラ話とともにお伝えする「週刊メドレー」、今週もはじまります!今日は朝日新聞に大きな記事が出てワクワクなので、まずはその話から。

今週のトピックス

朝日新聞にCLINICSが登場!

田原総一朗さん×豊田対談、完全版はこちら

・メドレーメンバー、ぞくぞくとインタビューに登場

不惑エンジニア2人が語る、これからの働き方

・MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ 

朝日新聞にCLINICSが登場!

本日の朝日新聞・夕刊(関東・東海版)にCLINICSをはじめとしたオンライン診療が特集されています。テレビ欄を1枚めくると、4コマ漫画がある「社会面」という人気面があります。そこにドーンと大きく掲載いただきました。オンライン記事はこちら。

www.asahi.com

担当の記者さんは夏頃から何度も弊社にも来てくださっており、厚生労働省に行ったり多くの導入医療機関を回ったりと、綿密な取材をもとに記事を書いてくださいました。お近くのキオスクやコンビニで、ぜひお手に取ってみてください!

田原総一朗さん×豊田対談、完全版はこちら

先日、雑誌「プレジデント」に田原総一朗さんと代表取締役医師・豊田の対談を掲載いただきましたが、紙面の都合から一部載せられなかったやりとりも含めた「完全版」がオンラインで読めるようになりました。

president.jp

雑誌に掲載されなかった写真もいろいろ登場しています。社内のど真ん中で2ショットを撮ったときの様子はこちら。みんな普通どおりに仕事しているように見えて、田原さんの存在感にドキドキしておりました…!

f:id:medley_inc:20170127150347j:plain

メドレーメンバー、ぞくぞくとインタビューに登場

豊田だけでなく、その他の個性豊かなメンバーも取材されはじめています。

まずはオンライン診療アプリCLINICSを担う医師、島 佑介

消化器内科医、ボストンコンサルティンググループを経てメドレーにジョインした理由や、自身が考える遠隔診療の可能性についてお話しています。

linqua.jp

さらにCLINICSのマーケティングを統括する田中 大介の記事も。こちらはWantedlyの田中のエントリを読んで、ご指名で取材依頼をいただいたもの。Wantedlyブログとはまた違い、マーケター視点から仕事の面白さを語っています。

kyujin.ferret-plus.com

不惑エンジニア2人が語る、これからの働き方

Wantedlyで連載が始まった「メドレー平木の『気になるあの人に聞いてみた』」第2回は、サイバーエージェント時代の同僚である田中清。お互い40代ということで、なぜか「腰が痛いよね」「40になると、手で技術を覚えないとね」と不惑トークを連発(笑)。ゆるふわながら技術を熱く語る2人のエンジニアトークをどうぞ。

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。 

今週はこのニュース

medley.life

 編集長の解説

(今回から、阿部がインタビューに行く形式にしてみました)

-  女性としてはタイトルにびっくりしました。

(大脇)実は内臓って意外と飛び出すんですよ。子宮は女性の話ですが、例えば「脱腸」は男女問わずありますよね。どこかしら内臓が飛び出した経験をしたという人は、実は少なくはないと思います。

-  筋肉を鍛えておけばいいんでしょうか?

(大脇)今回の論文でも、筋トレの効果はでたものの、治療としての有効性が大きいとは言い難い結果でした。MEDLEY上でも「骨盤臓器脱」に関する研究をいくつも取り上げていますが、それだけ多くの人がなっているし、決定的な治療法が示されていないものなのですね。

-  怖いですね…

(大脇)とはいえ、怖がりすぎる必要はないと思うんです。誰しもが病気にはなるものですし、あまり恐すぎても人生楽しめない。大切なことは、不安になった時にきちんと情報を調べて医療機関で納得できる治療を受けることだと思っています。そんなとき、似たような症状や病気をMEDLEYニュースで見たことがあれば、それほど怖くなくなるかもしれない。そんな役に立てたらいいなと思います。

f:id:medley_inc:20170127165911j:plain

大脇さんと話していると「恐れすぎる必要はない」とよく言われます。不安を抱えすぎていても人生楽しめないですし、いざというときに正しい知識を得ることさえできれば、不安になりすぎる必要はないのかもしれません。

それではみなさま、よい週末を。以上、今週の「週刊メドレー」でした!