読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

3/31 週刊メドレー 〜ほんねさんがウキウキ〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです!

今週のトピックス

・オンライン禁煙、日経新聞で紹介されました

代表取締役医師・豊田の1日とは?

・「介護のほんね」の高評価施設にメディアが訪問

・PM×事業部長体制について、平山と島が熱く語ります

・たなきよさんの衝撃的な一言

・今週のMEDLEYニュース編集長のイチオシ

オンライン禁煙、日経新聞で紹介されました

企業や健保と連携して、オンライン診療を活用した禁煙プログラムを実施する取り組みについて、日経新聞に紹介していただきました。「この1年内で禁煙に挑戦しようと思った」人は喫煙者の3割という調査もあるほど、興味を持つ人は多い禁煙外来。しかし多くの喫煙者は仕事や家事などで忙しく、定期通院の時間が持てないという方も少なくありません(「わかる!」と思った方もいらっしゃるはず)。

CLINICS」アプリから、オンライン診療で禁煙外来を実施している医療機関を探せば、オフィスや家で禁煙にむけた治療をスタートできますよ!

www.nikkei.com

代表取締役医師・豊田の1日とは?

3月25日発売の雑誌「Forbes」の連載「CEO's LIFE」に代表取締役医師・豊田が登場しています。1日の過ごし方や息抜きの方法などにフォーカスした内容で、医師を志すキッカケとなった本の話や小学校から続けるサッカーの話など、普段見せない一面についてお話しております!豊田ファンは必見!?

「介護のほんね」の高評価施設にメディアが訪問

口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 のランキングをもとに、口コミの評価が高い介護施設を訪問するという企画を組んでいただきました!訪問調査の結果、口コミの情報の正しさを評価されたりと嬉しいコメントも^^ 介護のほんねのキャラクター「ほんねさん」もウキウキですね…!

(うきうきしているほんねさん)

f:id:medley_inc:20170331164052j:plain

引き続き、よいサービスの提供を目指して頑張ります!

サービスの核を作る、ライター・エディターも募集中です!

www.wantedly.com

PM×事業部長体制について、平山と島が熱く語ります

メドレーが今年度より開始したProduct Manager(PM)×事業部長体制について、seleckさんが取材してくれました^^ 新体制を発表してすぐのタイミングで取材をいただいたことから、どんな話が飛び出すか、広報としてもワクワク取材の場に立ち会いました!

f:id:medley_inc:20170331164530p:plain

プロダクトサイド、ビジネスサイドそれぞれからの熱い思いを語っていただいたインタビュー、ぜひご覧ください。

seleck.cc

こんな平山のもとで、PMを目指してみたい!というエンジニアの方も募集中ですので、ご興味ある方はぜひ一度メドレーに遊びに来てくださいね。

www.wantedly.com

たなきよさんの衝撃的な一言

連載「私がメドレーに入社した理由」の最新回は、オンライン診療アプリ「CLINICS」のエンジニアリーダー・田中が登場します。同じく弊社エンジニアである平木と前職のサイバーエージェントで同僚だった田中(みんな「たなきよさん」と呼んでいます)。医療について熱く語る平木をみて「平木のくせに生意気だ」と思い、弊社に興味を持ってくれたそうです(笑)。

実際入社してから見えた、開発本部の雰囲気や体制についても詳しく書いておりますので、弊社にご興味あるエンジニアの方はぜひご一読ください!

www.wantedly.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

大脇編集長の解説

- 女性は関心が高い内容ですね。

(大脇)実は、必要性を感じて取り上げた内容ではあるものの、少し専門的かなと思っていたのですが、予想以上に反響をいただき、関心の高さを感じました。

- 女性の病気に限らず、検査を受けていれば大丈夫、と思う人も多そうです。

(大脇)今回の調査では、性器・骨盤部の診察を積極的に勧められる強い根拠はない、という結果が出ました。

怖い病気の名前を聞いたりして不安になったときに、関連する検査をしたいと思うのは人情です。しかしそれぞれの検査についてどの程度の効果があるか事前に知った上で、受けるか判断してほしいと思います。

それから記事のまとめにも書きましたが、子宮頸がん、淋菌、クラミジアは検査を推奨されています。対象年齢に当たる方で未検査の方は、この機会にぜひ検討していただければ嬉しいです。

f:id:medley_inc:20170331162409j:plain

オフィス周辺は、ふんわり桜が咲き始めています。今週末はお花見という方も多いはず(編集長のTシャツは夏を先取りしていますが)。冷えないように服装には気をつけて、楽しい週末をお過ごし下さい!以上、今週の週刊メドレーでした!