読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDLEYオフィシャルブログ

株式会社メドレーのオフィシャルブログです。

4/14 週刊メドレー 〜クリニックを応援する伊藤の話〜

メドレー広報・阿部です。この一週間にメドレーでおきたアレコレを振り返る「週刊メドレー」、今週もスタートです。

今週のトピックス

・オンライン診療の普及に大きく前進

・メドレーで考える”女性のキャリア”

・CTO平山とデザイナー前田が語る、テクノロジーが変える医療の未来

・エンジニア向け医療イベント、締め切り迫る!

オンライン診療の普及に大きく前進

のべ350を超える医療機関に導入いただいているオンライン診療アプリ「CLINICS」。待ち時間や移動時間をゼロにし、より通院を身近にする本サービスですが、クリニックや病院の先生が課題として常に挙げられるのが「診療報酬」の問題でした。

「診療報酬」とは保険診療の範囲における医療の「料金」のことです。(病院に行ったときにもらう領収書に「XX料 XX点」と書いてある、あれです)

オンライン診療では、対面と同じ診療を実施しても一部報酬が得られないため、現在オンライン診療を導入している医療機関は、経営面の影響よりも患者さんのメリットを優先してオンライン診療を行っているのが現状です。

そんななか、本日開催された政府の未来投資会議にて「2018年の診療報酬改定のタイミングにむけ、遠隔診療の診療報酬体系を見直す」方針を塩崎厚生労働大臣が示しました

もちろん適切な医療が普及することが前提ですので、多くの医療機関にシステムを提供する立場として、いっそう気を引き締めながら、普及を進めていきたいと思います。

www3.nhk.or.jp 

メドレーで考える”女性のキャリア”

Wantedlyの「私がメドレーに入社した理由」最新回は、CLINICS導入支援チームの伊藤が登場。実は全国で活躍するバスケットチームのチアリーダーとしても活躍していた伊藤の写真の可愛さに、広報室はざわつきます。

でも可愛さだけではありません!31歳の誕生日を前に転職活動をはじめた伊藤の、等身大の女性としての悩みにも、多くの方が共感の声を寄せてくれました。今年32歳を迎える阿部も大きく相槌を打ちながら読みました)

www.wantedly.com

そんな内容が評価され、本日のWantedlyデイリーランキングでは1位を獲得!また読んでいない方は、ぜひごらんください^^

f:id:medley_inc:20170414164156p:plain

伊藤の癒し写真と対照的な「ギラギラした藤田」も意外と好評でした♪

f:id:medley_inc:20170414165608j:plain

同じくギラギラしている!?広報室長・加藤とのランチ会も開催します!人事採用を担当する加藤から、まずは広くメドレーのことを聞いてみたい方、ぜひご参加ください。

(ogp画像だと手しか見えない・・・)

www.wantedly.com 

CTO平山とデザイナー前田が語る、テクノロジーが変える医療の未来

CTO平山が、findjobさんのインタビューに登場。「医療業界を、誰かが正面からこじ開けて、インターネットテクノロジーの力で変革していかなくては」と力強い言葉で医療の未来を語ってくれました。

ともにインタビューに応じたのは、デザイナーの前田。「医療をリデザインする」という言葉とともに、メドレーが目指す姿や現場が大切にしていることについて語りました。

www.find-job.net

エンジニア向け医療イベント、締め切り迫る!

今週のTechLunchは「気になるあの人に聞いてみた」シリーズでおなじみの平木が担当。勉強会で話しきれなかったことの補足も含めて記事にしています。

info.medley.jp

本シリーズのインタビュアーを務めるエンジニア・平木も登壇するエンジニア向け勉強会、いよいよ今週末が締め切りです!すでに定員を超える方にお申込みいただいておりますが、抽選制ですのでまだまだ応募は間に合います^^ ぜひどうぞ。

mednight.connpass.com

MEDLEYニュース編集長の今週のイチオシ

毎日更新されるMEDLEYニュースは、全世界の最新論文をもとに、編集部が「これだ」と思ったものを翻訳し、分かりやすくまとめて配信しています。

編集長の大脇は、医療4大誌に掲載されている論文をはじめとして全世界で注目されている最新論文を毎週100本チェックし、最新の医療情報を頭の中に詰め込んでいます。そんな大脇編集長が毎週1本ニュースをピックアップし、その裏側を解説します。

今週はこのニュース

medley.life

 

大脇編集長の解説

- 禁煙が各所で話題ですね。

この話はつい禁煙派vs喫煙派の対立構造になりがちです。世界保健機関(WHO)が、喫煙シーンのある映画やドラマを「成人向け」に指定するよう各国政府に勧告した、という話もあるくらいです。

- ちょっと喫煙者がかわいそうに思えることもあります。

「禁煙したいけどなかなかやめられない」という人も世の中にはまだまだ多いんですよね。MEDLEYニュースでは「どうすればやめられるのか」というヒントを提供して、こうした人の支援をしていきたいと思っています。

- 薬を使わずカウンセリングだけでも有効って、ちょっと驚きます。

もちろんカウンセリングは一つの手段ですが、禁煙治療の方法については色々な論文が登場しています。実はグループセッションも効果があったという話もあるんです。ちかぢか取り上げようと思うので、ぜひ禁煙に悩む方はチェックしてくださいね。

f:id:medley_inc:20170414174316j:plain

気づいたら4月も後半戦!入社や転職、入学など4月から環境が変わった方は、疲れが出やすい時期かもしれません。体調には気をつけて、楽しい週末をお過ごし下さい。以上、今週の週刊メドレーでした!